« 海外経由でb-gripを買ってみた。 | トップページ | レンズの保管方法についてメーカーに聞いてみた。 »

2010年11月 9日 (火)

カメラベルトホルダー b-gripを使ってみた。

知る人ぞ知る「腰提げ式カメラベルトホルダー」 b-gripですが、使い心地などをレポートしたいと思います。

現在は新しく「b-grip EVO」という製品が販売されています。こちらの記事も合わせてご覧ください。
[b-grip -- belt camera holder]
http://bgrip.com/
S45700bgrippS41znonwzsxl_2

b-gripレポートの前にどうしてカメラのネックストラップが苦手かというと、、、、(^^;
・首&肩がこる。
・小走りすると胸の前でカメラが跳ねる等

そのためカメラを持ち歩くときはもっぱらハンドストラップです。

[SONY ハンドストラップ ブラック STP-HS1AM]
(公式ページ) icon
STP-HS1AMSstphs1am_2

ネックストラップ時に感じていた不満がハンドストラップにして解消されましたが、便利なハンドストラップにも欠点があります。そう両手をフリーにすることが出来ないのです。(ハンド+ネックストラップを組み合わせれば可能ですが、、、)

そこで目をつけたのがImpress Watchに記事のあった「b-grip」でした。
b-gripの概要は下記のサイトなどで詳しく紹介されていますので参照ください。

[b-grip本家]
http://bgrip.com/

他のサイトでも書かれているように商品としての完成度は高いです。
MADE IN ITALY」と日本人には馴染みの薄い製品のような気もしますが心配ありませんw

まず、 製品パッケージを手にとって驚くのがコレ↓
Simg_0169
ちゃんと日本語表記があります!
どこかの日本のメーカーが代理店販売しそうな匂いがプンプンしますw
(amazon.comで購入したからかマニュアルは英語表記のみ)

製品としての大きな欠点はないものの細かい部分で残念なところがあります。

・カメラとホルダーを簡単に脱着できない。
ワンタッチで脱着可能だが両手を使わないとやり辛い。せめてカメラを装着する際だけでも片手で出来たら。。。
・ホルダー+ベルトは割と大きくかさばる。
カメラバッグに入れた場合、望遠レンズが収納できるぐらいのスペースが必要。
ベルトがゴワゴワしていて意外と場所を取る。
・カメラネジがない。
製品の構造上、カメラネジを利用してb-grip「アダプター」を取り付けて、ワンタッチで「アダプター」と「ホルダー」を着脱する仕組み。そのため三脚、一脚などを利用するにはb-gripのアダプターを外す必要がある。 ※訂正: クイックシューに取り付け可能です。(記事)

あとは概ね良好!
とにかく首からカメラをぶら下げなくて良くなるだけで幸せw

カメラ(SONY α380)+レンズ(SAL18250)を合わせた重量は約1kg程度あり、さすがに腰にズッシリ来るもののいやな感じはありません。(歩きやすい)

カメラを腰に下げた状態での「レンズキャップ装着」や「レンズ交換」なども両手が使えて便利です。

あと、お気に入りは「カメラスタンド」機能です。
b-gripは「スタンド」を内蔵しておりレンズ底が地面に接触しないので安定して設置できます。
レンズ交換の際にも役に立ちます。
Simg_0171
この画像ではわかりづらいですが、、、

b-gripアダプタ
↑コレになります。

[★b-grip関連記事]

« 海外経由でb-gripを買ってみた。 | トップページ | レンズの保管方法についてメーカーに聞いてみた。 »

デジカメ・カメラ用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/49973458

この記事へのトラックバック一覧です: カメラベルトホルダー b-gripを使ってみた。:

« 海外経由でb-gripを買ってみた。 | トップページ | レンズの保管方法についてメーカーに聞いてみた。 »