« 防滴 Bluetoothワイヤレススピーカーを使ってみた。 | トップページ | カール ツァイス SAL1635Zを借りてみた。(2) »

2010年11月25日 (木)

カール ツァイス SAL1635Zを借りてみた。

「αレンズ体験レンタルサービス」を利用して『カール ツァイス SAL1635Z』をレンタルしました。

11月に入ったら撮影旅行をしようと計画を立てていました。
今回は大阪から3時間圏内ぐらいが疲れなくていいかな?と思って、徳島県へ行ってきました。

ま、どうせ撮影旅行にするならば「αレンズ体験レンタルサービス」でレンズをレンタルして行こうということになりましたw

「αレンズ体験レンタルサービス」の記事ではあまり触れませんでしたが、レンタルサービスの利用は2度目です。最初は友人の結婚式用に「カール ツァイス SAL2470Z」をレンタルしたことがあります。

[Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM]
(公式ページ) icon
Ssal2470z

カール ツァイス SAL2470Zを使った時の感想が
・SAL18250とは違い明るいレンズw
・隅々まで映し出す解像度の高さ
・ズッシリとした重さw (約955g)
・24mm(APS-C 36mm)では広角での撮影は難しい

初めてのカール ツァイスレンズだったのですが、何を撮っても圧巻ですw

ただ、今までは18mm-250mmまで広範囲にカバーしてくれるSAL18250をメインで使っていたため、24mmから始まるSAL2470Zは広角側で戸惑いました。特に披露宴会場のスケール感(広さ&雰囲気)が伝わりにくいです。

ちなみに望遠側は少し離れた(5~10m先)にいる新郎新婦がメインなので 70mm(105mm)でも十分でした。

そもそもSAL2470Zは35mmフルサイズ機をメインとしたレンズです。手持ちのα380のように APS-C機では本領発揮しにくいのかも知れません。同じSAL2470Zでもα900を持っていれば広角側がもう少し使えて楽しかったものと思います。

次にレンタルすることがあれば16mmから使える「SAL1635Z」を選択しようと思いました。

★次回は実際にSAL1635Zをレンタルして徳島旅行した時の話を記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★ソニー デジタル一眼カメラ“α”関連記事]

« 防滴 Bluetoothワイヤレススピーカーを使ってみた。 | トップページ | カール ツァイス SAL1635Zを借りてみた。(2) »

デジカメ・カメラ用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/50118449

この記事へのトラックバック一覧です: カール ツァイス SAL1635Zを借りてみた。:

« 防滴 Bluetoothワイヤレススピーカーを使ってみた。 | トップページ | カール ツァイス SAL1635Zを借りてみた。(2) »