« iPhone用スタンドを探してみた。 | トップページ | Bluetoothワイヤレスレシーバー MW600を使ってみた。(2) »

2010年12月28日 (火)

Bluetoothワイヤレスレシーバー MW600を使ってみた。

数ヶ月前の話ですが iPhoneがiOS4.1になって、Bluetooth(AVRCP)経由の「曲送り・曲戻し」が出来るようになりました。

それまでは「iPhone 3G + SBT01 + DRC-BT15 + MDR-NC32NX」を数珠つなぎに接続して使っていました。(記事を書くに当たって製品を調べて見たら、SBT01、DRC-BT15は「生産終了」していました。ご注意ください。)

[Sony DRC-BT15]
※生産完了

(公式ページ)( icon
Sdrcbt15
[Bluetoothオーディオアダプタ SBT01]
※販売終了
http://www.sigma-apo.co.jp/front/products/detail/SBT01
Smain

Bluetoothで音楽を聴くだけの要件であれば、DRC-BT15で十分だったのですが、以下の点に不満があったのでリプレイスを検討しました。
<DRC-BT15不満点>
・一般的な充電端子ではない。
・付属の充電スタンドは不安定。(スタンドが軽すぎる)
・2年間の使用で内蔵バッテリーがヘタり気味。

特に「専用の充電端子」仕様はかなり不便で、旅先へ余分にACアダプタを持って行かなければなりません。(と思ったら「極性統一型DCプラグ」を使ってUSB充電しているページを見つけました。これは思い付かなかったw)

候補は色々ありましたが、ヘッドフォンとコントローラ部が分離できることが条件でしたので、下記の3種類を候補にしました。

[Sony DRC-BT30]
(公式ページ) icon
Sdrcbt30
[Sony DRC-BT60]
(公式ページ) icon
Sdrcbt60
[Sony Ericsson MW600]
http://www.sonyericsson.co.jp/product/accessories/mw600/
Smw600

選定機種がソニーに偏っているのは偶然というか好みの問題。
ソニー信者ではないですw

最終的に MW600を購入したのですが、理由は下記になります。
・充電端子が Xperia等と同じ microUSB端子であったこと。(3機種ともUSB充電には対応)
・小型なのに多機能。(FMラジオ付き等)
・タッチセンサー式のスライドボリューム
・複数台のBluetooth機器とペアリング可能
・デザインが好き。

DRC-BT30だと先代のDRC-BT15とあまり代わり映えしないし、DRC-BT60は形(四角形)がダメでした。

ネットを調べるとMW600の使い勝手に賛否両論ありましたが、「善し悪しは自分で決めたい」「独自UIを触ってみたい」と思い購入に踏み切りました。

★次回は実際にMW600の「使用感」などを記事にしたいと思います。

[続きを読む]

« iPhone用スタンドを探してみた。 | トップページ | Bluetoothワイヤレスレシーバー MW600を使ってみた。(2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/50384852

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetoothワイヤレスレシーバー MW600を使ってみた。:

« iPhone用スタンドを探してみた。 | トップページ | Bluetoothワイヤレスレシーバー MW600を使ってみた。(2) »