« MDR-EX1000の補修部品について調べてみた。 | トップページ | iPhone 4/4S用スタンド付きケース ZeroChroma(ゼロクロマ)を使ってみた。 »

2011年2月15日 (火)

ロジクール ラップトップ スピーカ Z305を使ってみた。

出張&旅先の宿では時間潰しのために必ずと言っていいほど DVDやネット動画を見ています。その時のプレイヤーはもっぱらノートPCなのですが、少しばかり不満が。。。

その不満とはノートPCの内蔵スピーカーにあります。ノートPCの内蔵スピーカーは音量を上げると音割れしやすいですし、音と音が重なって映画のセリフが聞き取りづらいことがあります。

ここは「外付スピーカー」を買って不満を解消したいところです。

今回のスピーカー購入条件は

  • 持ち運びがしやすく本体がコンパクトであること。
  • USB接続だけでなく Line-in端子を備えていること。
  • ACアダプタが不要で USBから給電できること。
  • 価格は 5,000円以下

購入条件を満たす製品として「ロジクール製 Z305」を選びました。

[Logicool Laptop Speaker Z305]
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/speakers-audio/home-pc-speakers/devices/7363

Sz3051

<仕様>
スピーカータイプ : 2.0chバータイプ 本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ) mm : 324.0 × 41.8 × 40.3 本体重量(ACアダプターを除く) g : 234 USBケーブル長 mm : 506 総合最大出力 (PEAK) : 2.0W 総合RMS出力 (定格出力) : 1.2W 周波数特性 : 150 - 20,000Hz S/N比 : 80dB インターフェイス 入力 : USB 外部入力 : 3.5mmステレオミニジャック コントロール : 電源スイッチ/音量調節 電源 : USB
※公式ホームページより引用

Z305は本体の両端にスピーカーを内蔵しています。設置はクリップ型のフックが付いており、ノートPCの液晶面の裏にスピーカーを設置できます(クリップ部にはバネが仕込んであります)。そのためスピーカーの設置場所を確保する必要がありません。

Sdsc038801 Sdsc03882_2

Z305本体の重量は 234gと軽量で持ち運びも苦になりません。大きさもノートPCでの利用を前提に設計された製品なので割とコンパクトです。(折りたたみ傘ぐらい)

最大の特徴として「360°全方向サウンド」を売りにしていて、「部屋のどこからでも臨場感あふれるサウンドを聴くことができる」そうです。

購入当初、「全方向サウンド」の主旨が理解できていないまま音出ししたら、聴きづらい音だったので「購入失敗か!?」と思ったほどでしたw

例えば

  • 音が体に直接伝わらない違和感。(スピーカーが正面を向いていないので音圧が薄い)
  • 音の中位(センター付近)の音像がハッキリしない。

実はこの時 Z305を机の上に置いて聴いていました。念のためメーカー推奨の「液晶裏への設置」に変えてみると。。。上記の現象は見事に解決しました。どうもリスニングする際のポジション「人とスピーカーの位置」が関係している模様です。

Z305に近付きすぎるとセンター付近の音がぼやけてしまうので、Z305から30~50cm以上離れて聴くのが良いようです。離れて聴くことで左右スピーカーの独立性を意識せず「一つのダイナミックな音」として聴くことができます。

音質に関してですが、高音+中音域は普通に鳴っています。低音域はやや薄味ですね。「高音質より広い音場」を重視した製品なので音質を求めるのは酷ですね。

そそ、Z305の設置方法について補足しておくと、Z305を机の上に置くよりも液晶裏のように「少し高い場所」へ設置する方が鳴りは良いです。「音のシャワー効果」でベストリスニングな感じです。(薄い液晶パネルを採用したノートPCではヒンジへの負担が心配になりますがw)

実は Z305を机上に置いても少し離れていれば問題なく聴けます。興味深いのは机の材質(木・ガラス)により音の硬さが変わります。机の材質による音の違いを調べるのも面白いですが、無難にインシュレータや小物などでスピーカーを高い位置にしてやるのが良いと思います。

その他の情報としては、Z305の「USB給電」という仕様を活かして「iPod+ Z305(Line-in接続)+エネループ スティックブースター」などの接続も可能です。外出先でも手軽に BGM再生できますね。

[SANYO eneloop stick booster]
http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/booster02.html
Sstickbooster

あと、Z305本体の上面に「ボリューム調整」が付いているので、音楽を聴きながらの音量調節が可能です。ただし、現在のボリューム値を(Z305単体で)確認することが出来ないので爆音には注意しましょう。

Z305はUSBケーブルを本体内に巻き取ることができます。持ち運びに便利なキャリングポーチも付属しています。(ロジクールと言えば専用ポーチw)

Sz3053_2  ← 折りたたみ傘ではありませんw

PC端末とUSB接続すると音質クリアーなデジタル・オーディオが愉しめます。ただ、USB接続する時の注意点があります。例えば Z305を「USBハブ」や「ポートリプリケータ」を経由すると「プチノイズ」が入ることがあります。その際はZ305をPC端末のUSBポートへ直接つないであげて下さい。(USB接続のスピーカー全般に言えることですが、、、)

最後になりますが、Z305は小さな音で細々と聴くのではなく、『広い音場を活かして音量アップ気味で聴く』のが良いと思います。コンパクトなボディに似合わず結構な音量がでますのでw 場所(リスニングポジション)を気にせず音楽を楽しみたい方にオススメです。

[★スピーカー関連記事]

« MDR-EX1000の補修部品について調べてみた。 | トップページ | iPhone 4/4S用スタンド付きケース ZeroChroma(ゼロクロマ)を使ってみた。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/50877118

この記事へのトラックバック一覧です: ロジクール ラップトップ スピーカ Z305を使ってみた。:

« MDR-EX1000の補修部品について調べてみた。 | トップページ | iPhone 4/4S用スタンド付きケース ZeroChroma(ゼロクロマ)を使ってみた。 »