« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月22日 (水)

パソコン用学習リモコン PC-OP-RS1を使ってみた。

デジモノ好きの宿命というか部屋には沢山のリモコンがあります。思い浮かぶだけでテレビ、CSチューナー、エアコン、照明、AVシステム等々あります。それぞれのリモコンを引っ張り出してくるのは面倒です。

パソコンで集中制御できないかと調べていくとバッファローからパソコン用学習リモコン「PC-OP-RS1(RemoteStation)」という製品が発売されていることを知りました。

[BUFFALO PC用学習リモコンキット PC-OP-RS1]
http://buffalo.jp/products/catalog/item/p/pc-op-rs1/
Spcoprs1_bw_2
<製品仕様>
対応インターフェース USB2.0/1.1、デバイスクラス 仮想COMポート、ケーブル長 1.5m、電源 USBバスパワー(DC5V)、消費電力 1W以下、消費電流 150mA、外形寸法 受光部:W66×H19×D50mm (ケーブル含まず)、送信部:W25×H9×D20mm(ケースサイズ)、重量 本体:約35g、送信部:約40g、動作環境 温度5~40℃、湿度20~80%(結露なきこと)、取得規格 VCCI ClassB

PC-OP-RS1は 2006年から販売されているロングセラー商品ですw
操作方法はパソコンを使うこと以外、市販の学習リモコンと変わりません。

(1)リモコンキーの登録
付属ソフトを PC端末へインストール後は、学習させたいリモコンとPC-OP-RS1を向かい合わせにしてリモコンの各キーを登録していくだけです。過去に市販の学習リモコンを使ったことがある方は簡単に理解できると思います。

Sremosta1
※画像は説明書PDFより引用

仮想リモコンは多くのキーが登録できるようになっています。

Sremotestation

アナログテレビ時代のリモコンであれば「仮想リモコン」で登録できるキー数で問題ないと思いますが、今どきの CSチューナーやDVR(Digital Video Recorder)機器のリモコンはボタン数が多く全部のキーを学習させると一画面分を使い切ってしまいます。

その為、「ワンタッチ機能(マクロ)」を積極的に登録したい場合は別画面(追加の仮想リモコン)を用意しなければならず不便です。この辺は仕様の古さを感じます。出来ればキー配列を「テレビ」や「DVR」などの用途に合わせてテンプレートを用意して欲しかったですね。

(2)使い勝手
仮想リモコンのボタンを押してから赤外線が送出されるまでのタイムラグはほとんどありません。一部の学習リモコンで登録できない「録画系キー」や「エアコン」なども学習することが出来ました。複数台のリモコンを学習することができ、「ワンタッチ機能(マクロ)」も使えるので『テレビ+DVRを同時にON』なども可能です。

赤外線送信部(IRケーブル)は 1.5mほどあるので、複数のAV機器を操作するには十分な長さだと思います。ただ、エアコンなど高い位置や離れている場所にある機器を操作したい場合は設置に工夫が必要です。(※1)

※1: PC-OP-RS1の発光部から機器の受光部まで 3m以内の範囲であれば操作は可能。(近接している必要はナシ)

そそ、エアコンのリモコンを学習させる時の注意点ですが、エアコンの赤外線信号はキー単体の情報だけでなく他の情報も一緒に送信されるようになっています。 例えば「エアコン電源ON」キーであれば「電源ON」の信号だけでなく「設定温度」や「風量」などの情報も含んでいる場合があります。リモコン学習の際はご留意ください。

(3)Windows版 64bitドライバー
先週に紹介したサブモニター「センチュリー plus one LCD-8000UD」と同様に PC-OP-RS1もメーカー動作確認済みの 64bitドライバーはありません。

非公式ながら PC-OP-RS1のWindows用64bitドライバーをインストールする方法がありますのでご紹介します。(こちらのページを参考にさせて頂きました)

  1. PC-OP-RS1の説明書に従い、付属CDからドライバーおよびアプリケーションをインストール※この段階でデバイスドライバーは正しくインストールされません。
  2. FTDI社のページから Virtual COM(VCP)ドライバーを取得
    http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm
    一覧から「Windows x64(64bit)」ドライバーをダウンロード
    http://www.ftdichip.com/Drivers/CDM/CDM20814_WHQL_Certified.zip
  3. ダウンロードしたファイルを展開
    展開されたフォルダー配下にある2つのファイルを編集。
    該当ファイルの項目(太字)に追加してください。

    <ftdibus.inf>
    [FtdiHw]
    %USB\VID_0411&PID_00b3.DeviceDesc%=FtdiBus.NT,USB\VID_0411&PID_00b3
    [FtdiHw.NTamd64]
    %USB\VID_0411&PID_00b3.DeviceDesc%=FtdiBus.NTamd64,USB\VID_0411&PID_00b3
    [Strings]
    USB\VID_0411&PID_00b3.DeviceDesc="BUFFALO RemoteStation PC-OP-RS1"

    <ftdiport.inf>
    [FtdiHw]
    %VID_0411&PID_00b3.DeviceDesc%=FtdiPort.NT,FTDIBUS\COMPORT&VID_0411&PID_00b3
    [FtdiHw.NTamd64]
    %VID_0411&PID_00b3.DeviceDesc%=FtdiPort.NTamd64,FTDIBUS\COMPORT&VID_0411&PID_00b3
    [Strings]
    VID_0411&PID_00b3.DeviceDesc="BUFFALO RemoteStation PC-OP-RS1"
  4. デバイスマネージャーを開くと「その他のデバイス」として登録失敗しているデバイスが2つあるので、それぞれメニューを出して「ドライバーソフトウェアの更新」を選択。
  5. デバイスドライバー検索を手動にして、手順(3)で書き換えた infファイルがあるフォルダーを指定。
  6. 作業完了

(4)まとめ
ウェブを探しても同種の製品(パソコン用学習リモコン)がほとんど見つからないので、PC-OP-RS1は赤外線を扱える貴重な製品といえます。上述したとおり「仮想リモコンの仕様の古さ」や Windows 7などの「64bit OSに未対応」など利便性にやや問題があります。メーカーには時代に合わせたアップデートをお願いしたいです。

メーカーサポートの範囲外の話ですが、Macや Linuxなどの OSでも利用されている方もいるようです。AV機器に赤外線リモコンは「必須」の状態なのに制御する側がいつまでも整備されませんね。

最後に赤外線で操作できる「リモコンコンセント」を紹介しておきますね。

[オーム電機 リモコンコンセント OCR-05]

Socr05

この製品は赤外線で電源をON/OFFできるコンセントです。PC-OP-RS1の「ワンタッチ機能」を使って集中電源管理のようなことが可能です。

震災以後は「節電」への関心は高いですが、こまめな節電は本当に難しいです。せっかく節電するなら、アイデア次第でいろいろな使い方が出来る PC-OP-RS1を使って「節電対策」を考えてみるのも楽しいかも知れませんね~

2011年6月16日 (木)

サブモニター センチュリー plus one (LCD-8000UD)を使ってみた。

以前の記事でロケーションフリー端末「Slingbox PRO-HD」を紹介しました。Slingbox PRO-HDはどこでもテレビ(地上波)/CS放送が見られるでとても快適です。ま、しいて難点を上げるならば、パソコン作業中に片手間に開いている「SlingPlayer for Windows(※1)」がデスクトップ領域を占有気味ということでしょうか。

※1: Slingbox PRO-HDの映像を Windowsで再生する専用アプリケーション

「画面占有」の問題を解決するべく、ウェブを調べて見ると「USB接続のサブモニター」が手頃な価格(1万円ほど)で販売されているようです。画面も 4~10インチ程度と机上に置いても邪魔にならないサイズです。今回は多数のメーカーがひしめき合うサブモニター製品の中から、センチュリー製「plus one LCD-8000UD」を購入してみました。

[センチュリー plus one LCD-8000UD]
http://www.century.co.jp/products/pc/monitor/lcd8000ud.html
Slcd8000ud
<製品仕様>
型番:LCD-8000UD、インターフェイス:USB2.0/DVI-I、解像度:液晶:SVGA 800 x 600 DVI出力:UXGA 1,600 x 1,200 フルHD 1,920 x 1,080、輝度:250cd/m2(最大時)、視野角:50/70/70/70°(上下左右)、発色数:24bit 1670万色、バックライト:LED、サイズ:幅 210 x 高さ 151.5 x 奥行 32mm、重量:518g、消費電力:+5V 1.8W~3.9W(選択式)、温度 湿度:温度5~35度 湿度 20~80% ※結露しないこと。

対応OS:Windows 7 / Windows Vista / WindowsXP(SP2 以降)※64bit版 OS は未サポート、Macintosh 10.4.11、MacOS10.5.6

LCD-8000UD製品特徴

  • 8インチモニター (800x600)
  • USB接続
  • 自動画面回転機能 (オートローテーション)
  • 10段階の輝度調整
  • 収納式チルトスタンド (横3段階、縦1段階調整)
  • DVI-Iへの映像出力 (パススルー)

購入の決め手となったのは「画面サイズ(800x600)」と「10段階の輝度調整」です。その理由については後でお話します。

LCD-8000UDを手にした感じは市販のデジタルフォトフレームぐらいのサイズですね。画面の大きさは用紙サイズでいうところの「A5用紙」より少し大きいぐらいです。(LCD-8000UD製品サイズ: 210x151.5x32mm)

「液晶保護カバー」が付属していることや「収納式チルトスタンド」になっているなど、持ち運びのことも考慮されており、製品はコンパクトに出来ています。

具体的な使い心地などは項目に分けて紹介いたします。(下記)

(1)画面の映り
価格相応の映像です。サブモニターなので「色再現性」がどうとかは言いません(笑)

思っていたより上下の視野角にも強く、イスに座った状態でも立ち上がった状態でも色変化は少なめです。安価なディスプレイに見られがちな「画面の眠さ」がなかったのも良かった点です。色合いはやや青みがかっている感じもしますが、すぐに目が慣れました。黒色の発色の良さもあって通常の視聴/試聴では不満を感じにくいと思います。

LCD-8000UDは USB接続ということで「動きのある映像」の追従性が気になるところですが、DVDや SlingPlayerの映像を見る限り大きな問題は感じませんでした。もっとも番組テロップ(スタッフロール)が横から流れ込んでくる場面など明らかなフレーム不足(※2)を感じます。ただ、アクション映画やスポーツ中継を見た印象では「視聴に堪えない」というほどのものでもありませんでした。

※2: オプションメニューで早い動きに対応した「ビデオの最適化」も選べるが、フレームレート向上の代わりに垂直同期(VSYNC)が「非同期」となるようで画面の書き換えの方が気になる。

今回の購入動機でもある「10段階の輝度調整」ですが、実は系列機種のLCD-8000Uでは3段階の輝度調整となっておりLCD-8000UDとは仕様が異なります。表面上のLCD-8000UとLCD-8000UDの違いは「DVI-I機能」の有無なのですが、輝度調整は見落としがちなので購入時はご注意ください。

[センチュリー 8インチモニター比較表(抜粋)]

製品名 接続方式 輝度調整 備考
LCD-8000U USB 3段階 -
LCD-8000UD USB 10段階 DVI-I出力対応
LCD-8000V アナログ D-Sub15pin OSD 給電にUSBを使用

※視野角(上下左右:50/70/70/70°)、発色数(24bit 1670万色)は3製品とも同性能。

(2)使い勝手
収納式チルトスタンドは横画面で3段階の角度調整が出来ます(縦画面は1段階の固定)。欲を言えばもう少し段階があれば理想ですが、机の上で使う分には十分な調整角度だと思います。

少し不便に感じたのは「輝度調整ダイヤル」です。ダイヤルのつまみが小さく、マイナスドライバーのネジ山が切ってありますが、もし素手で回すのであれば指先が痛くなります。あと、LCD-8000UDと接続しているUSBケーブルは単に刺さっているだけなので、モニターを移動した時にUSBケーブルが抜けないか心配になります。実際にUSBケーブルが抜けたことはありませんが、「ケーブル止め」などが付いていれば良かったと思います。

(3)Windows版64bitドライバー
Windowsの対応状況はメーカーの製品紹介ページにも書かれていますが、正式サポートがあるのは「32bit版」のみの対応です。そのため Windows 7や Windows Vistaの 64bitをお使いの方は DisplayLink社からドライバーをダウンロードしてくる必要があります。

[DisplayLinkドライバー ダウンロード]
http://www.displaylink.com/downloads.html

64bit版ドライバーの注意点はLCD-8000UDの製品特徴でもあるモニターの向きに反応して画面が回転する「自動回転機能」が使えません。ただ、画面の解像度設定(画面のプロパティ)から「縦画面表示」を指定することは可能です。

Slcd8000uddisp11


あと、特定機種のお話になりますが、ソニー製「VAIOノート type Z」をお使いのかた向けの情報です。type Zに 64bit版ドライバーをインストールすると途中で「DYNAMIC HYBRID GRAPHIC SYSTEM (AUTO/SPEED/STAMINA)」のステータス表示(LED)がおかしくなります。

具体的には、インストール中は画面が真っ暗になり、スイッチをSPEEDに設定していてもLEDがSTAMINAへ変わります。type Zユーザなら感じる「ハングアップした時の嫌な状態w」と同じになりますが、ここはじっと我慢して画面復帰を待ってください。(実測したわけではないですが 15分ぐらい?) あまりに長いので諦めそうになりますが辛抱を。。。

(4)問題点
LCD-8000UDの問題というわけではありませんが、「WinDVD Pro 2010」を使ってサブモニター側で出力すると「All2HDアップスケール機能」が無効になります。WinDVDのヘルプファイルなどを見ると無効になる旨が書いてあったのですが気づきませんでした。All2HDはお気に入りの機能だっただけに残念です。次のバージョンでは対応を願うばかりです。

(5)その他
LCD-8000UD背面にスピーカーのようなスリットが空いていますが音は鳴りません。サブモニター側でテレビ画面を映している時など音が欲しい時はあります。そういう時は Bluetooth等のワイヤレススピーカーなどを使うのが良いと思います。

(6)まとめ
画面サイズが 4:3なのでワイド画面ではありません。そのため 16:9のHD規格の映像を表示すると上下に黒帯が出ることになります。そういう意味では 10インチモニターの LCD-10000U (1,366x768)でも良かったと購入後に思いました。(※3)

※3: 実はここまで書かなかった最後の購入動機がありまして、それは「Androidアプリ開発」です。携帯電話や特定端末の開発をされた方には分かると思いますが、「端末エミュレータ」をサブモニター(LCD-8000UD)に表示したかったのです。その際に机においても大きすぎない 8インチモニターにしようと思いました。今回は、一般的な方が読むことを考慮して「DVD視聴」などを例にしました。

サブモニターがあれば Windows 7や Vistaにある「ガジェット」を表示してもいいですし、天気や株価などをウォッチするなど使い方は色々あると思います。幸い1万円台と比較的に手に入れやすい価格帯ですし、サブモニターの新しい使い方を模索するのも愉しいかも知れませんね。

2011年6月 1日 (水)

SONY ウォークマン NW-A857を使ってみた。(6)

NW-A857の「感想(まとめ)」になります。

iPhone + Fiio E7との比較やNW-A857の各機能などをレビューしてきました。NW-A857の全体的な感想としては「いい音楽プレイヤー」と素直に評価できます。

(1)iPodとの比較
ウェブ上で「ウォークマンとiPodどちらが良いか?」という質問を見かけますが、『どの部分に旨味を感じるか』によって判断は変わってくると思います。例えば「より良い音で音楽を愉しみたい」という人はウォークマンを選んで間違いないと思いますが「ホイールやタッチ操作が便利そう」と感じたなら iPodになると思います。

なぜウォークマンの方が「良い音」と断言できるかと言うと、それはソニーと Appleの製品ラインナップを見ればわかります。

ソニーのウォークマンでは“シリーズ”ごとに「音質機能(※1)」の盛り込み方が違い、ラインナップを区別しています。音質機能の数でいうと「Aシリーズ>Sシリーズ>Eシリーズ」という関係が成り立ちます。対抗の Appleは iPod touch、nano、shuffle、classicの各ラインナップにユーザインターフェース(UI)や容量の違いはあれど「音質機能」に差はありません。

※1: ウォークマンで言うところの「S-Master」や「DSEE (Digital Sound Enhancement Engine)」「クリアステレオ」等の高音質化技術

この音質の違いについて、週刊アスキーで面白い比較記事(動画)をやっていました。

[最新iPod vs ウォークマン! 週アス編集部員30人がガチンコ音質比較!!]
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/024/24768/


Sweekasciimusic2

週アス編集部 音質比較エントリー機器 (下記はエントリー順)

  1. iPod nano
  2. iPod classic
  3. NW-E050
  4. NW-S750

残念ながらブラインドテストに出場しているのは購入したNW-A857ではなく NW-S750です。予想した順位とは違う結果に驚きもありましたが「世代」や「コストパフォーマンス」の観点で考えれば結果の順位は納得ですね。結果はここでは書きませんので、リンク先の記事をご確認ください(笑) ※2

※2: 少し補足しておくと、音楽プレイヤーに「音質」を求めるのなら、ソニーは「上位機種」 Appleは「最新世代」を購入すれば良いということですね。

音質以外の違いでは音楽データの持ち出し方法です。「ソニー、ウォークマンのシェアが50%を突破」という昨年12月のニュースを覚えている方もおられると思います。何でもシェア拡大の背景には若年層の取り込みに成功しているとか。。。

自分専用のパソコンがないような若年層でも、パソコンより安価な「ウォークマン対応コンポ」を持っていれば、音楽CDをウォークマンへ書き出せる点はメリットになりますね。

パソコンを使って音楽CDをエンコードする方法は iPodが火付け役でしたが、そもそもパソコン(iTunes)以外の方法で、例えば「HDDコンポ」や「他オーディオ機器」等から曲の取り込みができないのは不自然といえば不自然ですよね。

[ウォークマン対応 HDDコンポ NAS-M700HD]
(公式ページ) icon
Snasm700hd


[ウォークマン対応 ドックコンポ NAS-V7M]
(公式ページ) icon
Snasv7m

(2)改善して欲しい点
NW-A857にも改善して欲しい点はいくつかあります。

  • ボタンの配置と大きさ
    操作ボタンの大きさは女性の手には馴染むと思いますが、男性にはボタンが小さく感じられると思います。あとクリック感に乏しいですね。(慣れで解決しましたが)
  • カスタマイズ機能
    ハードキーに割り振られた機能やメニュー構成を変更することが出来ません。個人的にはボタン上下は音量ボリュームに割り当てたいです。
  • 有機ELディスプレイ
    視認性に優れた有機ELディスプレイも晴天の屋外ではややツライですね。最大輝度にすれば画面は確認できますが「自動輝度設定」はないのでメニューから輝度設定しなくてはならず手間ですね。(聴くことがメインの機器なので画面はそれほど見ないですが、、、)

データ同期用の「x-アプリ」ですが、サイトによっては酷評されていたりしますが、パソコンの動作環境に問題がなければそんなに酷いソフトとは思いません。画面上部に表示される広告が煩わしかったりする部分もありますが、アプリの安定感は iTunesと変わらないです。

どうしても x-アプリのインターフェースがダメなら「ドラッグ&ドロップ転送」という方法もありますし、自分に合った使い方が出来るのではないかと思います。

あと、「改善」というより要望に近いのですが「WMポート」を「microUSB」へ切り替えて欲しいです。WMポート対応機器の少ない現状を考えると、一般的に普及しているUSBにすることで世界が広がると思うのですが、、、(特に充電環境)

(3)現在の状況
NW-A857は 64GBモデルなのでリッチに全曲「ATRAC Advanced Lossless」でエンコードしています(大容量のCDウォークマン気分)。あと20GBほど空き容量もありますし、あと600曲ぐらい入りそうです。

・総曲数: 1225曲 (ATRAC Advanced Lossless)
・空き容量: 20.4GB/58.5GB

(4)最後のまとめ
iPhoneに Fiio E7を接続して音楽を聴いていた時もある程度満足はしていましたが、一度 NW-A857を試すと元(iPhone + Fiio E7)には戻れませんねw

携帯電話ぐらいの大きさの Fiio E7を胸ポケットに忍ばせていた頃が懐かしいです。もっと早くウォークマンの良さに気付いていればFiio E7は購入していなかったかも知れません。ま、何事も経験ですが。。。

NW-A857は「ポータブルオーディオ(iPod等)の音に物足りなさを感じた」人や「ポータブルアンプ投入か?」迷っているいる方にお薦めできます。良い音にこだわりのある方はウォークマン(NW-A857)を試さない手はないと思います。

[最初から読む]

[★SONYウォークマン関連記事]

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »