« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(5)

今回は同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200記事の「まとめ」になります。

Ssecb2200521

(7)まとめ
個人的には大満足な「Actiontec ECB2200」ですが、過去の記事でも触れたように海外製の同軸LANアダプタということで日本での使用には制限があります。制限の部分を考えると万人にオススメできる製品ではありません。あと海外製品である以上、製品保証なども期待できません。※1

※1: 製品保証が無いわけではありませんが、米国との往復の送料を考えるとActiontec ECB2200の新品をもう一度購入する金額と変わりません。

記事を書いていて「日本での同軸LANアダプタ販売が縮小している」理由がわかったような気がしました。

  • 国産の同軸LANアダプタであっても導入前に「周波数帯の重複」がないか調べる必要がある。
  • 同軸LANアダプタの周波数帯を外部へ流さないように「フィルター」を設置する必要がある。
  • フィルターの設置は多くの場合、専門の業者が行うため「工事日の自宅待機」「工事費」などが必要。

上記のことは全て「設置コスト」として跳ね返ってくるため、家庭向けの同軸LANアダプタは衰退したのかも知れません。PLCアダプタであれば基本的にコンセントに差し込むだけで使えますし、初期導入の費用負担は少なくて済みます。

しかしPLCアダプタでは「ノイズ問題」は解決できません。ノイズに強い「同軸LANアダプタ」という解があっても市場に流通していなければ購入することも出来ません。日本企業の「売れないので作らない」という姿勢は市場原理の観点で理解はできますが、市場から撤退されると“エアコンノイズ等”で困っている人は救えないままです。

製造・販売メーカーには、無線LANもPLCアダプタも導入できなかったケースを考えて同軸LANアダプタもラインナップに残しておいて欲しかったです。海外では同軸LANアダプタもPLCアダプタも同等の扱いなんですけど。。。そういう意味で国内で手に入る「サン電子 TLC-1000」は貴重な存在になりますね。

■最後に
複数回にわけてActiontec ECB2200を話題にした記事をご紹介してきましたが「海外製の同軸LANアダプタ」というニッチな製品を探して、このページへたどり着いた方も相当ニッチだと思います(笑) きっと私と同じように無線LANや PLCアダプタでは解決できない悩みをお持ちなのかも知れませんね。

Actiontec ECB2200はスループット性能や設置の手軽さの面から見ても優秀な製品であることがわかります。上述したとおり万人にオススメできる製品ではありませんが、考え方を変えると制限が気にならない人にとってはコストパフォーマンスの高い製品と言えると思います。

今回は人柱覚悟で海外製 同軸LANアダプタ「Actiontec ECB2200」を購入してみましたが、このニッチな製品のニッチな記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

[最初から読む]



サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...

サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...
価格:15,435円(税込、送料別)

2011年8月23日 (火)

同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(4)

(6)個人輸入
同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200は国内で正規に扱っている業者が見当たらなかったので個人輸入することにしました。下記に「購入先」「購入費用」「手元に届くまでの日数」の項目にわけて個人輸入の仕組みや注意点を紹介したいと思います。

■購入先
今回は『楽天アメリカ・ダイレクト』を利用しました。アメリカ・ダイレクトは楽天グループの米国法人である Buy.comが運営する個人輸入サービスです。※1

※1: 以前は「Buy.com個人輸入」というサイトでしたが、2011年6月末に「アメリカ・ダイレクト」へ名称変更したようです。名前からどこかの保険会社を想像してしまいますねw

[楽天 アメリカ・ダイレクト]
http://import.buy.com/

Samericadirect1

アメリカ・ダイレクトの特徴

  • 日本語対応
    ⇒ 「問い合わせ」や商品が届くまでのに送られてくるメール等が日本語
  • 楽天あんしん支払いサービス
    ⇒ 個人情報が契約サイトへ伝わることがない。
  • 楽天スーパーポイント利用
    ⇒ 支払いに楽天ポイントが利用可能

販売拠点が日本にあって対応も日本語でいいので安心感がありますね。ただし、注文者の都合で返品・キャンセルできない点など輸入製品ならではの制約もあるのでご注意ください。

もっとも「購入した商品と違うものが届いた」「配送中の破損」などはアメリカ・ダイレクト側で対応して貰えるので輸入代行業者より敷居は低いと思います。

■購入費用
Actiontec ECB2200の購入にかかった費用※2は下記の通りです。(2011/07/14時点)

 本体 13,328円 (通常価格 16,730円 20%値引き)
 送料  1,955円 (海外+国内送料)
 --------------
 合計 15,283円
※2: 今回も関税をかけられることはありませんでした。(関税についての詳しい説明はこちら)

上記の購入費用は 2011年7月14日のものです。円相場や燃油サーチャージ料によって購入金額が変わってきます。この記事を書いている時点(8/23)の価格調査では 14,294円(本体+送料)になっていました。なお、アメリカ・ダイレクトの決済は日本円で行います。「ドル建て」での決済を希望される方はご注意ください。

Actiontec ECB2200の購入先を検討していた頃、“amazon.com+輸入代行業者”を使ったパターンとの価格比較もしてみました。輸入代行業者を使った方がアメリカ・ダイレクトより約1,000円ほど安価な計算になりましたが、今回は「日本語対応」や「アメリカ・ダイレクトの良し悪しを判断したい」等の理由でアメリカ・ダイレクトを選びました。

■手元に届くまでの日数
Actiontec ECB2200を注文~手元に来るまでの日数は以下のとおりです。アメリカ・ダイレクトのページにもあるように「約2週間」ぐらいを想定しておくと良いですね。

Tracking
※画像は公式ホームページより引用

<Package Tracking(配達記録)>
7/14AM  Actiontec ECB2200注文 (★1)
7/15PM  Buy.com 倉庫  (出荷情報の記録/確認) (★2)
7/19PM  ロサンゼルス国際空港(LAX)
7/21PM  LAX出発 (★3)
7/22AM  東京到着 (★4)
7/22PM  東京センタ店を出発 (東京→大阪) (★5)
7/23AM  配達店を出発
配達完了 (★6)

オンラインで確認できる「Package Tracking(配達記録)」にはグリニッジ標準時(GMT)や日本標準時(JST)などの記載がないので Trackingされた正確な時間はわかりません。上記の表は必要日数を知る上での目安としてください。

以前の買い物は輸入代行業者を使いましたがほぼ同じ日数(10日前後)かかっていたので、海外通販の「約2週間」というのは一般的な日数ではないかと思います。

■個人輸入のまとめ
海外製品の個人輸入ということで「返品、キャンセル不可」など多少のリスクはあります。特に精密機器やワレモノ等であれば無事に到着してくれることを願わずにはいられませんw

もし万が一の事が起こった時に「自分で解決できる」「諦めが付く」など購入者側のモチベーションが必要になってきます。その辺りが納得できなければ個人輸入には手を出さない方が無難だと思います。

リスクはありますが、気軽に海外製品を輸入できるようになるとは便利な時代になりましたね。1ドル=360円の固定相場時代を(幼い記憶として)知っている世代にも感慨深いですw ゲフンゲフン

★次回はActiontec ECB2200の「まとめ」を記事にしたいと思います。

[続きを読む]



サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...

サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...
価格:15,435円(税込、送料別)

2011年8月16日 (火)

同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(3)

今回は Actiontec ECB2200の「使い勝手」「スループット」「手動設定」について記事にしたいと思います。

(3)使い勝手
Actiontec ECB2200本体は「Nintendo DS Lite」ぐらいのサイズでなので設置場所に困ることはないと思います。動作中はやや熱くなりますが手で持てないほどではありません。

Actiontec ECB2200を導入して良かったなと思えるのが『ノイズ干渉しにくい』ことですね。PLCアダプタではエアコン作動時に発生するノイズで通信が不安定になる事象に悩まされていましたが、Actiontec ECB2200では全く意識しないで済むのが幸せですw

技術的な裏付けがないので、本当に同軸ケーブルがノイズに強かったのか、Actiontec ECB2200がノイズ干渉しにくい周波数を使っているかはわかりません。結果的に「エアコンを付けても通信に影響が出ていない」ことは言えると思います。

(4)スループット(伝送速度)
Actiontec ECB2200の物理速度270Mbps(実効175Mbps)です。FTPを用いて伝送速度を測定してみたところ、平均 11.1MByte/sを記録しました。この数値はほぼ 100BASE-TXの実効速度の範囲を満たしています。(フルスピード)

Actiontec ECB2200 伝送速度 テスト条件

<テスト概要>
サーバ側で 200MBのダミーファイルを作成。クライアント側でFTPを実行してダミーファイルを 3回取得した結果の平均値。下記のサイトを参考にした。

参考URL:[ftpでネットワークの速度を測定する -- @IT]
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/427ftpperf/ftpperf.html

<サーバ>
玄人志向 玄柴(sheevaplug)
<クライアント>
OS: Windows 7 Professional (64bit)、H/W: Sony VAIO VPCZ1、CPU: Intel Core i7 M620 2.67GHz、メモリ: 8GB

ちなみに手元にあるPLCアダプタ(BL-PA510KT)でも同じテストを行ったところ、平均 6.9Mbyte/sでした※1。実際にネットワーク経由のファイルコピーやストリーム再生(Slingbox)に使ってみても Actiontec ECB2200の方が通信速度が速く&安定しています。PLCアダプタとの速度差は十分体感できるレベルです。

※1: PLCアダプタでの試験は諸事情により以前の環境(L1-L2相越え)ではありません。1台のOAタップにPLCアダプタ親子を接続して、試験を行っています。

今回は 2台の Actiontec ECB2200を使って速度測定を行いましたが、3台以上(最大16台)の時にどういったスループットになるか不明です。あと「通信距離」についてもドキュメントを読んでもわかりませんでした。おそらく通信距離は同軸ケーブルの周波数の「減衰量」によって決まるのではないかと思います。

(5)手動設定
Actiontec ECB2200は特に設定の必要はありません。初期状態で機器同士の自動ペアリングをしてくれます。もし、Actiontec ECB2200のより詳細な設定を行いたい場合は、本家 Actiontecのサイトに「ECB2200 Configuration Utility」というツールがあり、そのツールを使って設定変更できます。(Windows環境のみ)

■設定画面へのログイン手順

  1. 本家Actiontecのサイトから「ECB2200 Configuration Utility」をダウンロード。圧縮ファイルを展開。フォルダー内の“Setup.exe”を実行。「ECB Utility」がインストールされます。
  2. Windowsのネットワーク アダプタ設定を開き、DHCPでIPアドレスを自動取得できる状態にします。
    Sadapterppt
  3. Actiontec ECB2200の電源ケーブルおよびLANケーブルを抜線して、スイッチを「Config Run」モードへ変更します。
    Secb2200switch1s
  4. Actiontec ECB2200の電源ケーブルを接続 (まだPC端末とは接続しない)
  5. 15秒後ぐらいに PC端末がつながったLANケーブルをActiontec ECB2200へ接続。DHCPにより Actiontec ECB2200からIPアドレスが付与されます。
  6. 手順(1)でインストールした「ECB Utility」を起動します。
  7. 設定用のログイン画面が表示されます。(初期パスワードは“admin”でログイン)
    Secb2200utlogin1

■「Configuration Utility V1.1」で設定/表示が可能な項目は以下の通りです。(抜粋)

  • 同軸チャンネル変更 (使用周波数帯の変更)
    Secb2200utchannel2_2 
    ※通常は SCANモードで自動識別
  • 機器間の共通キーの設定 (12-17文字の数列)
  • Actiontec ECB2200ログイン パスワード変更
  • ネットワークのモニター表示
  • ファームウェア更新

上記の設定変更する場合はActiontec ECB2200の台数分 変更が必要になります。詳しくは“ User Configuration Guide (PDF)”を参照してください。

★次回は Actiontec ECB2200の「個人輸入」について記事にしたいと思います。

[続きを読む]



サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...

サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...
価格:15,435円(税込、送料別)

2011年8月 9日 (火)

同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(2)

前回は Actiontec ECB2200の導入にいたるまでの経緯を記事にしました。今回は「設置」について記事にしたいと思います。が、その前に Actiontec ECB2200を日本で使用する上での注意点を書いておきますね。

(1)周波数帯
日本仕様の同軸LANと米国仕様の Actiontec ECB2200とでは通信に使っている周波数帯が違います。そのため環境によっては Actiontec ECB2200を使えない場合があるので注意が必要です。

具体的には Actiontec ECB2200の使用周波数(1125-1525MHz)が「ケーブルテレビ(CATV)のBS-IF帯※1」および「スカパー!※2」等と重複しています。既にCATVやスカパー!が導入されている環境では Actiontec ECB2200を利用できない可能性があります。

<Actiontec ECB2200 周波数帯>
Secb2200freq1_2

※1: ケーブルテレビの周波数帯域」 wikipediaより引用
※2: スカパー!:放送波受信の仕組みと配線」 wikipediaより引用

CATVのように1本の同軸ケーブルで複数の周波数帯を扱う場合はモチロンのこと、テレビと衛星アンテナを「ミキサー」で重畳している場合なども Actiontec ECB2200を使うことが出来ません。他には「共同アンテナ」でも衛星放送を取り込んでいる場合も同様の理由で使えません。

もし、CATVや共同アンテナでも衛星放送の周波数を含んでいなければ Actiontec ECB2200を使うことは出来ますが、宅内の通信(Actiontec ECB2200の周波数)が外(CATVや共同アンテナ側)へ出ないように「フィルター」を使うなど対策が必要です。(周りに迷惑をかけないため)

結局のところ、Actiontec ECB2200を使うベストな環境は「テレビ用アンテナのみ」ということになりますね。※3

※3: サン電子 TLC-1000の取扱説明書によると、テレビ用アンテナのみでもブースタ(増幅器)がない場合やブースタがテレビ以外の帯域もパスするタイプであれば受信アンテナから不要電波が放射される可能性があるそうです。Actiontec ECB2200の導入を検討されている方はご注意ください。

ちなみに日本製の同軸LANアダプタ(サン電子 TLC-1000)の仕様を見ると 2-28MHz帯を使用しており、上記のテレビ+衛星放送の周波数帯に影響がないように考慮されています。

(2)設置
Actiontec ECB2200の大きさは手のひらサイズと言ったところで設置スペースに悩むことはないと思います。本体重量も 480g弱と軽量です。

<Actiontec ECB2200付属品>
・ECB2200本体 x2
・ACアダプタ x2
・LANケーブル x2
・導入手引き(Installation Guide)
※同軸ケーブルは付属していないので事前に用意する必要があります。

Simg_0297

付属のACアダプタも 100-240V 50/60Hz対応の米国仕様のグローバルモデルなのでプラグ変換や電圧変換などの必要はありません。日本でそのまま使えます。

Simg_0298

今回は海外からの発送なので、まずは外見の破損や機器故障がないかチェックします。設置と言っても難しいところはなく、Installation Guideに従って機器とケーブルを繋げていくだけです。初期設定なども不要なので拍子抜けするほど簡単に設置できます。

大まかな手順としては

  1. Actiontec ECB2200本体にLANケーブルを接続
  2. 同軸ケーブルを接続
  3. 電源ケーブルを接続
  4. ECB2200の台数分(1)-(3)を実施

上記の手順になっていますが、どの順番からでも正しく動作するように Actiontec ECB2200の方で調整してくれます。(手順に従うことは良いことですw)

とりあえず同軸ケーブル 1本とPC端末 2台を用意してミニマムな環境で動作確認をしました。端末に適当なIPアドレスを付与して「ping応答」や「ファイル共有」などを試しましたが問題はありませんでした。

ミニマム環境で正常動作が確認できたので、本番?の「ルータが置いてある部屋(2F)」と「LANを使いたい部屋(1F)」に Actiontec ECB2200を設置します。、、、と言っても元々テレビ用に使っていた同軸ケーブルを Actiontec ECB2200へ繋ぎ換えるだけです。※4

※4: 自宅では壁に埋められたテレビ用同軸ケーブルは「地デジ化」の際に未使用となっています。そのため同軸ケーブルの帯域はActiontec ECB2200のみが占有しています。

設置に関して気付いた点としては、同軸ケーブルの経路に「ブースタ」が設置している場合に注意が必要です。ブースタの製品仕様によっては「VHF+UHF帯のみ増幅」するタイプがあり、増幅範囲外の Actiontec ECB2200では通信できないという可能性があります。ご留意ください。

★次回は Actiontec ECB2200の「使い勝手」「スループット(通信速度)」などを記事にしたいと思います。

[続きを読む]



サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...

サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...
価格:15,435円(税込、送料別)

2011年8月 2日 (火)

同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。

過去の記事でも触れましたが、自宅1Fは鉄筋構造のためか、無線LANの電波の入りが良くありません。そのため 1Fとの接続はパナソニック製 PLCアダプタ BL-PA510KTを使っています。

PLCアダプタは通信経路にコンセント(電力線)を用いるので手軽に設置できる反面、ノイズに弱く、エアコンを動作させると通信が不安定になります。「ノイズ対策」のためにフェライトコアなどを試してみましたが、気休め程度の効果しかありませんでした。エアコンを使って猛暑を乗り切るためにも本格的な対処が必要となってきました。

「工事ナシ」「簡単設置」「ノイズに強い」等の条件に見合った製品を調べてみたところ、今回ご紹介する『同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200』へ行き着きました。

あらかじめ Actiontec ECB2200を導入した感想を述べておくと、「価格」「スループット」「ノイズ耐性」ともとても満足のいく製品でした。ただし国内では販売されていない「海外製品」だという点を除いてになりますが、、、(後述)

[Actiontec ECB2200]
http://www.actiontec.com/products/product.php?pid=192

Secb22001
<製品仕様>
RF Interface: Connector: F-type Impedance: 75 Ω、Max Physical Data Rate: Up to 270 Mbps、Coax Application Data Rate: Up to 175 Mbps bi-directional combined、MoCAVersion: MoCA 1.1、Power Requirement: Power Consumption: < 5Watts  Input Range: 100-240VAC, 50/60Hz、Width: 6.80 inches、Height: 2.00 inches、Weight: 1.05 pounds

「同軸LANアダプタ」とはテレビのアンテナ線(同軸ケーブル)をLANケーブル代わりにする通信技術になります。同軸ケーブルはシールドされているためノイズに強くのが特徴です。(電力線は被覆のみ)

「ノイズに強い」ということで同軸LANアダプタ購入に狙いを定めたものの大きな問題がありました。問題とは国内で同軸LANアダプタを販売している業者は極めて少ないということです。PLCアダプタのように家電量販店で気軽に購入できるものではありません。

同軸LANアダプタを取り扱っている業者/製品を調べたところ下記の状態でした。(2011年8月2日現在)

メーカー 機器名 価格 備考 入手
NTT-ME c.LINKアダプタ 36,750円(2台1セット) 2011年1月末販売終了 ×
au one net ODN-346-1 レンタル 840円/月(2台1セット) 新規受け付け終了 ×
住友電工 MC3000シリーズ 不明 業者向け?
NECネッツエスアイ CXシリーズ 不明 業者向け?
サン電子 TLC-1000 15,000円程度(1台) 楽天市場で販売中

上記の表からわかるように国内の同軸LANアダプタは販売縮小しているメーカーも多く、同軸LANアダプタを取り扱っている業者がいても販路は主にホテルやマンションなどの大口向けの製品のようです。もし個人で気軽に手に入れられるとしたら「サン電子 TLC-1000」ぐらいだと思います。ただ、サン電子 TLC-1000も 2台そろえると 3万円ほどかかり、正直もう少し安価に抑えたいところです。

国内での購入は諦めて「CATVが普及しているアメリカだったら同軸LANアダプタも安価に販売しているのでは?」との発想のもとネット検索したところ、同軸LANアダプタが複数のメーカーから販売されていることがわかりました。価格も$80/台(約6千円)と国内PLCアダプタに迫る価格です。

数ある海外製 同軸LANアダプタの中でも「Actiontec ECB2200」は個人のレビューサイトでも amazon.comの口コミでも軒並み高評価で一気に興味がわきました。早速、国内サイトでも“Actiontec ECB2200”を検索してみましたが、残念ながら国内で扱っている業者を見つけることは出来ませんでした。

せっかく、ここまで調べたのなら Actiontec ECB2200を手に入れたくなって「個人輸入」をすることにしました。どうせ失敗してもブログのネタになりますしw

幸い?円高のおかげで Actiontec ECB2200購入にかかった費用はトータルでも1万5千円ほどで済みました(機器代金2台分+海外/国内送料含む)。ちなみに前回の個人輸入では amazon.com(米国)を使いましたが、今回は楽天の個人輸入サイト「アメリカ・ダイレクト」を利用しました。

「アメリカ・ダイレクト」を利用したのは「Actiontec ECB2200を取り扱っていた」というのが最大の理由ですが、トラブル時の日本語対応やカード決済などの安心感を取りました。「アメリカ・ダイレクト」を使った個人輸入の詳細は別途記事にしたいと思います。(アメリカ・ダイレクトの記事はこちら)

Secb22002
※アメリカ・ダイレクト -- Actiontec ECB2200販売リンクはこちら

★次回は Actiontec ECB2200の「設置」「使い勝手」などを記事にしたいと思います。

[続きを読む]



サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...

サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...
価格:15,435円(税込、送料別)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »