« 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(2) | トップページ | 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(4) »

2011年8月16日 (火)

同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(3)

今回は Actiontec ECB2200の「使い勝手」「スループット」「手動設定」について記事にしたいと思います。

(3)使い勝手
Actiontec ECB2200本体は「Nintendo DS Lite」ぐらいのサイズでなので設置場所に困ることはないと思います。動作中はやや熱くなりますが手で持てないほどではありません。

Actiontec ECB2200を導入して良かったなと思えるのが『ノイズ干渉しにくい』ことですね。PLCアダプタではエアコン作動時に発生するノイズで通信が不安定になる事象に悩まされていましたが、Actiontec ECB2200では全く意識しないで済むのが幸せですw

技術的な裏付けがないので、本当に同軸ケーブルがノイズに強かったのか、Actiontec ECB2200がノイズ干渉しにくい周波数を使っているかはわかりません。結果的に「エアコンを付けても通信に影響が出ていない」ことは言えると思います。

(4)スループット(伝送速度)
Actiontec ECB2200の物理速度270Mbps(実効175Mbps)です。FTPを用いて伝送速度を測定してみたところ、平均 11.1MByte/sを記録しました。この数値はほぼ 100BASE-TXの実効速度の範囲を満たしています。(フルスピード)

Actiontec ECB2200 伝送速度 テスト条件

<テスト概要>
サーバ側で 200MBのダミーファイルを作成。クライアント側でFTPを実行してダミーファイルを 3回取得した結果の平均値。下記のサイトを参考にした。

参考URL:[ftpでネットワークの速度を測定する -- @IT]
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/427ftpperf/ftpperf.html

<サーバ>
玄人志向 玄柴(sheevaplug)
<クライアント>
OS: Windows 7 Professional (64bit)、H/W: Sony VAIO VPCZ1、CPU: Intel Core i7 M620 2.67GHz、メモリ: 8GB

ちなみに手元にあるPLCアダプタ(BL-PA510KT)でも同じテストを行ったところ、平均 6.9Mbyte/sでした※1。実際にネットワーク経由のファイルコピーやストリーム再生(Slingbox)に使ってみても Actiontec ECB2200の方が通信速度が速く&安定しています。PLCアダプタとの速度差は十分体感できるレベルです。

※1: PLCアダプタでの試験は諸事情により以前の環境(L1-L2相越え)ではありません。1台のOAタップにPLCアダプタ親子を接続して、試験を行っています。

今回は 2台の Actiontec ECB2200を使って速度測定を行いましたが、3台以上(最大16台)の時にどういったスループットになるか不明です。あと「通信距離」についてもドキュメントを読んでもわかりませんでした。おそらく通信距離は同軸ケーブルの周波数の「減衰量」によって決まるのではないかと思います。

(5)手動設定
Actiontec ECB2200は特に設定の必要はありません。初期状態で機器同士の自動ペアリングをしてくれます。もし、Actiontec ECB2200のより詳細な設定を行いたい場合は、本家 Actiontecのサイトに「ECB2200 Configuration Utility」というツールがあり、そのツールを使って設定変更できます。(Windows環境のみ)

■設定画面へのログイン手順

  1. 本家Actiontecのサイトから「ECB2200 Configuration Utility」をダウンロード。圧縮ファイルを展開。フォルダー内の“Setup.exe”を実行。「ECB Utility」がインストールされます。
  2. Windowsのネットワーク アダプタ設定を開き、DHCPでIPアドレスを自動取得できる状態にします。
    Sadapterppt
  3. Actiontec ECB2200の電源ケーブルおよびLANケーブルを抜線して、スイッチを「Config Run」モードへ変更します。
    Secb2200switch1s
  4. Actiontec ECB2200の電源ケーブルを接続 (まだPC端末とは接続しない)
  5. 15秒後ぐらいに PC端末がつながったLANケーブルをActiontec ECB2200へ接続。DHCPにより Actiontec ECB2200からIPアドレスが付与されます。
  6. 手順(1)でインストールした「ECB Utility」を起動します。
  7. 設定用のログイン画面が表示されます。(初期パスワードは“admin”でログイン)
    Secb2200utlogin1

■「Configuration Utility V1.1」で設定/表示が可能な項目は以下の通りです。(抜粋)

  • 同軸チャンネル変更 (使用周波数帯の変更)
    Secb2200utchannel2_2 
    ※通常は SCANモードで自動識別
  • 機器間の共通キーの設定 (12-17文字の数列)
  • Actiontec ECB2200ログイン パスワード変更
  • ネットワークのモニター表示
  • ファームウェア更新

上記の設定変更する場合はActiontec ECB2200の台数分 変更が必要になります。詳しくは“ User Configuration Guide (PDF)”を参照してください。

★次回は Actiontec ECB2200の「個人輸入」について記事にしたいと思います。

[続きを読む]



サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...

サン電子 TLCモデム(同軸LANシステ...
価格:15,435円(税込、送料別)

« 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(2) | トップページ | 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(4) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/52481874

この記事へのトラックバック一覧です: 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(3):

« 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(2) | トップページ | 同軸LANアダプタ Actiontec ECB2200を使ってみた。(4) »