« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

新・カメラベルトホルダー b-grip EVOを使ってみた。(2)

前回は b-grip EVOと初代b-gripとの違いを紹介しました。今回はb-gripの人気商品「トラベルキット」から b-grip EVOの「まとめ」までを記事にしたいと思います。

(4)トラベルキット
b-gripの関連商品として「トラベルキット」が販売になりました。b-gripのホルダーと「ショルダーストラップアダプター(ゴム素材のベルト)」の間にザックの“肩ベルト”を挟み込むことで、b-gripを胸元へ持って行く製品です。

2012年4月現在 “ショルダーストラップアダプター”を改良した「New トラベルキット」 が販売されています。(新旧で使い方に違いはありません)

Ss1accessories2 Stravelkit2

カメラを持って登山やトレッキングする人はモチロンのこと、2つのb-gripを使ってカメラの 2台持ちなどの用途などにも使えます。あとトラベルキットは初代b-gripでも問題なく使えますので購入を躊躇している方もぜひ。

雨天時にカメラを丸ごとくるむ「防水カバー」や「コネクター※1」等はトラベルキットに付属されるようになりました。上記の付属品は b-grip EVOには付属していませんのでご注意ください。

※1: 無印版b-gripに付属していた頃のコネクター(ストラップ)は、万一カメラがホルダーから外れてしまったときの命綱としての役割でした。EVOになってホルダーにセーフティロック機構が付いたのでストラップは命綱ではなくトラベルキットの高さ調整に使われたものと想像します。(後述)

<付属品の名称>
Satravelkit1
※画像は amazon.co.jpより引用

■トラベルキット装着
上述したとおりトラベルキットは b-gripのホルダーとトラベルキットの間にザックの“肩ベルト”を挟み込むことで装着完了です。詳しい取り付け方法はトラベルキット付属の説明書に譲りますが、誰でも簡単に取り付けできるようになっています。トラベルキットの脱着も簡単です。

Travelkit3 Travelkit4

画像だけではわかりにくいので補足しますが、トラベルキット使用時の“高さ位置調整”は付属の「コネクター」で行います。分離するので「コネクター」という名称が付けられていますが単なるストラップ(紐)のことです。ショルダーストラップアダプター自身に“滑り止め”の機能はないのでザックに結わえたストラップの長さで b-gripの位置を決めます。

トラベルキットの説明書によると胸元あたりに調整するのが良いようです。

■トラベルキットの注意点
街中で使うような所謂リュックサックでは「カメラの横揺れ」がするため不向きです。下記の条件を満たすザックやバックパックでの使用がオススメです。

  • チェストストラップ(胸ベルト)があること。
  • ザックやバックパックが体にしっかり密着できるタイプであること。
  • 肩ベルトにしっかりした芯が入っていること。(ふわふわスポンジはNG)

登山やトレッキング用品の専門店で扱っているザックやバックパックであれば問題はないと思います。そもそも山まで一眼カメラを持って行こうという時点で“本格的な装備”の人ばかりですね。きっとw

(5)気になったこと
無印版でも同様ですが b-gripを使っていて気になった点を書いておきます。

■沈胴式レンズが伸びてくる
b-gripはカメラを腰から下げる特性からレンズが地面方向を向きます。地面を向いたレンズが沈胴式レンズの場合、重力でレンズが伸びてくることがあります。レンズ側に“ロック機構”があれば問題ないのですが、α用レンズ SAL1680Zのようにロック機構のないレンズでは自重伸びが起きてしまいます。

自重伸びの対策を考えているのですが良い案も浮かばず。。。レンズメーカーには沈胴式レンズにはロック機構を搭載していただきたいですね。

■ワンタッチでホルダーと接続したい
現行b-gripではカメラとホルダーとの脱着に「リリースレバー」を使いますが、リリースレバーはカメラの脱着に両手を使わなければならず少し手間ですね。ま、両手を使う分「安全」といえば安全なのですが、、、

せめてホルダーにカメラをセットする時だけでもワンタッチで出来るようにして欲しいです。 ホルダーからカメラを外す時のワンタッチは危険かも知れませんが、装着するときのワンタッチは実現して貰いたかったですね。(今後に期待)

(6)おまけ
b-gripとセルフタイマーを使えば自分撮りも簡単w (やらないって)

Sbgripevo2
※画像は公式ページより引用

(7)まとめ
記事のはじめにも書きましたが b-gripは「デジモノぶろぐ」を始めるにあたって最初に紹介した製品なので思い入れがあります。当時は日本にほとんど流通しておらず米国から個人輸入で手に入れたのが懐かしいです。

幸い b-gripの評価も amazon.co.jpのレビューを見るかぎり良いようです。自分の撮影スタイルにあえばという条件は付きますが b-gripを色々な方に使って貰いたいですね。

最後になりましたが、カメラを自由にアクティブに撮影場所まで持って行けるのが b-gripの特徴です。これからも b-gripを手に入れた方の撮影フィールドがますます拡がっていくことを期待したいと思います。

[最初から読む]

[★b-grip関連記事]

2011年9月19日 (月)

新・カメラベルトホルダー b-grip EVOを使ってみた。

このブログを始めるきっかけとなった「カメラベルトホルダー b-grip」が国内で正式販売されることをデジカメWatchの記事※1 で知りました。しかも今回のb-gripは新たに 「EVO」という称号を得て登場です。b-grip EVOとなって初代b-gripとどういう違いがあるか、その点も含めてご紹介したいと思います。

※1: 2011年6月開催「PHOTONEXT 2011」 -- デジカメWatch 記事はこちら

[CPtech b-grip EVO]
http://www.bgrip.com/

Bgirpevo1 Bgripevo21

<製品仕様>
寸法: 20 x 8.5 x 3.2cm、重さ: 363g、メーカー型番: b-grip EVO、ASIN:B0056FMNYA

国内正式販売にあたり「有限会社パラゴンジャパン」さんという会社が輸入販売を行っているようです。久々に b-gripの公式ページも見てみましたが全面的にサイトがリニューアルしていました。驚きだったのが「日本語表示」に対応していたことですね。これも「正式販売」の恩恵かも知れませんね。以前は英語とイタリア語のみのサイトでしたが、ここ一年弱で b-gripを取り巻く環境も変わりましたね。

(1)使い勝手
b-grip EVOも初代b-grip(以後「無印」と表記)と大きな仕様変更もないので使い勝手に違いはありません。というかそのままです。b-gripのお気に入り機能である「スタンド」も健在です。スタンドがあるのでカメラを机の上に置いておく時やレンズ交換の際に便利です。
Bgripevo6
※スタンド機能の例 (画像は公式ページより引用)

b-gripは“ホルダー式”なのでカメラを首から吊すネックストラップより「ハンドストラップ」で使うのがオススメです。被写体の前でサッとカメラを用意できます。あとカメラを首から下げないので肩こりにお悩みの方にも良いかと思います。

(2)b-gripとb-grip EVOの違い
amazon.co.jpでは初代b-gripも新しい b-grip EVOもどちらも販売していますが、新規にb-gripを買う時はどちらを買えばいいのか分からないですよね。基本的に b-grip EVOの方を買っておけば良いと思いますが、下に無印とEVOの簡単な違いを書いておきます。

■ホルダーの幅が広くなった。
以前からかなり頑丈な作りをしていましたが EVOになってさらに骨格がシッカリしました。中央部を指で押してもたわむようなことはありません。画像からわかるように無印版と比べ僅かに大きくなりました。あと下部にベルトを通すガイドが付くようになりました。
Bgripevo3_3

■セーフティロック機構がついた。
ロック機構は単純に赤いレバーを左右に振ることでリリースレバーを固定するといったものです。国内の名所・旧跡をスナップショットする分にはセーフティロックの必要性を感じることはありませんでしたが、もっとハードな現場では効果を発揮するものと思われます。
Ssimg_0375 

■クイックリリースプレートのネジ形状が変更になった。
b-gripではカメラの大きさや重さによってマウントポイントを 2ヵ所から選ぶことができます。それが初期?の無印版ではネジの大きさやクイックリリースプレートの形状に問題があって1ヵ所固定になっていました。
Bgripevo4
※初代b-grip側の画像が「ネジ改造」になっていますが、事の顛末はこちらを参照ください。

以前、ソニーα用の SAL1635Zという重量級のレンズをレンタルしたことがありました。カメラ本体(α380)よりレンズの方が重く b-gripのスタンド機能を使ってみたら「据わりの悪い状態(前のめり)」になってしまいました。その時から「調整できないのはおかしい」と思っていましたが、晴れて EVOとなって調整できるようになりました。※2

※2: この問題は製造ロットの可能性があります。EVOではない無印版b-gripでも奥側に設定された画像を見たことがあります。

もし旧仕様のクイックリリースプレートを使っていて位置調整ができないことに使いづらさを感じている方はEVO用のクイックリリースプレートが amazon.co.jp等で単体販売していますのでお伝えしておきますね。

■付属品
付属品のうち下記のアイテムは b-grip EVOには付属していません。ご注意ください。
・防水カバー
・コネクター(ストラップ)

その代わり?上記の2アイテムは別売の「トラベルキット」に付属するようになりました。(後述)

(3)クイックシュー
無印版と同じ仕様(DIN規格)なので「マンフロット Manfrotto 323 チェンジプレート」がそのまま使えます。もちろん、DIN仕様の三脚「スリック F740」や「ベルボン カルマーニュN6325」であればクイックシュー(チェンジプレート)を使わなくてもそのままマウント出来ます。(過去記事)
Bgripevo5
※画像は b-grip EVOと「マンフロット Manfrotto 323」の組み合わせ

★次回は b-grip EVOの「トラベルキット」「気になったこと」「まとめ」などを記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★b-grip関連記事]

2011年9月11日 (日)

エルゴノミクス デザイン マウス(Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000)を使ってみた。

会社で使うマウスは酷使するためか1年から1年半ぐらいで壊れます。今までマイクロソフト社製「Wireless InteliMouse Explorer 2.0」というマウスを使っていたのですがホイール部の動きが悪くなったので買い換えることにしました。

まずは購入した製品をご紹介しておきますね。

[Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000]
http://www.microsoft.com/japan/hardware/mouse/na_wi_laser6000.mspx

Slm6000
<製品仕様>
型番:69K-00004、寸法(縦 x 横 x 高さ):約 100 x 70 x 55mm、重さ:約 124g (約 171g バッテリー含む)、無線周波数帯:27Mhz帯、使用乾電池: 単3アルカリ乾電池 2本、乾電池寿命: 約6か月(使用状況により異なる)、電波受信範囲: レシーバーから約1.8m以内


必要システム:OS Microsoft Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows 2000 SP4 日本語版、接続ポート:USB ポート、ハードディスク空き容量:100MB、ディスク装置:CD-ROMドライブ、Mac OS X 10.2 から 10.5.x(Intel Mac対応)、接続ポート:USB ポート、ハードディスク空き容量:30MB、ディスク装置:CD-ROMドライブ

今回のマウス選びのポイント(要件)は
・ワイヤレスであること
・移動検出が「ボール式」でないこと
・5ボタン以上
・電池持ちが良いこと (3ヶ月以上)

今まで使っていた Wireless InteliMouse Explorer 2.0が販売終了していなければ再購入していたところなのですが、すでに市場にも流通していません。上記の条件をみたした製品として「Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000」を購入しました。

(1)デザイン(外観)
ひときわ目を引くのが「右に大きく傾いているデザイン」ですね。いわゆる「エルゴノミクス(人間工学)デザイン」と呼ばれるものです。

一般的なマウスに比べボディが大きく隆起しているのも特徴です。このぼってりしたデザインのためマウスを「掴む」ことができず「覆う」感じで使います。マウスを掴めないので腕の筋肉が緊張しにくいという趣旨の製品と思われます。

マウスを細かく見ていくとデザインと同じく凝った作りになっています。
Ssimg_0377
※画像では材質の違いがわかるように向かって右側に色をつけています。

画像はマウスを正面から見たものですが台座部分の材質が左右で違います。左右どちらもゴムかシリコン系の素材だと思うのですが、向かって右(左クリック)側は「少しさらっと」していますが、対して左(右クリック)側は「より滑りにくい」材質になっています。

今までのマウスだと人差し指と中指とで屈伸するようにマウス移動していたものが、Natural Wireless Laser Mouse 6000では「滑りにくい素材」に親指※1 と小指を置いてマウスを挟み込む感じで使います。そのため「手首や腕を使わないと移動しにくい」状態となり「指の屈伸運動」ができません。(=筋が疲れにくい状態)

※1: Microsoft社のロゴがある部分も滑りにくい素材が使われています。

(2)使い勝手
■ワイヤレスの魅力
ワイヤレスマウスはマウスを移動させる時に「ケーブルの引っかかり」がないので好きです。僅かなことですがマウスポインターの移動距離が足りなくなってマウス自身を持ち上げた時にケーブルの引っかかりを感じると「イラッ」とする事がありますw ワイヤレス式だとこの不満から開放されますね。

■重さ
ワイヤレスマウスはケーブルレスで不満解消かといえば、一般的にワイヤレスマウスは「重い」です。重さの主たる原因は動力源となる「電池」や「充電池」を内蔵しているという仕様からくるものです。過去にワイヤレスマウスを使ったことのない人がマウスを持ち上げると重さに驚いて貰えると思います。

ただ、Natural Wireless Laser Mouse 6000はポインターの移動距離が足りなくなっても「掴む」ことが難しいためマウスを持ち上げようという気にはならず、マウスを引きずって手元へ戻すようになります。そのためマウスは重い(約171g)ですが長時間の使用でも辛くなることはありません。

■電池寿命
「重さ」で思い出しましたが、Natural Wireless Laser Mouse 6000は単三電池x2本で動作します※2。電池の持ちは良くマイクロソフトの仕様では約6ヶ月間の電池寿命があります。前マウス(Wireless InteliMouse Explorer 2.0)も約6ヶ月の仕様でしたが「前回の電池交換時期を思い出せない」ぐらいの寿命性能があります。

※2: 非公式ですが単三電池x1本で動作させることも出来ます。

ちなみに電池寿命優先であればマイクロソフト製の最新ワイヤレスマウスでは電池寿命が約18ヶ月というものもあります。今回はデザイン(ボタン配置)を優先したため Natural Wireless Laser Mouse 6000にしました。

■サイドボタン
Natural Wireless Laser Mouse 6000のお気に入りの機能である“サイドボタン”には「進む」と「戻る」を割り当てています。ブラウザを使っている時にサッと一つ前の画面に戻せたりするのは便利です。“ジェスチャー”等は不要です。ハードキーなので押し間違えもありません。個人的にはサイドボタンのために Natural Wireless Laser Mouse 6000を買ったと言っても過言ではないです。

ちなみにサイドボタンの前ボタンは人差し指で、後ボタンは親指でクリックしています。

Simg_0378
※お気に入りのサイドボタン。ブラウザを使うときに便利です。

(3)レーザー式
Natural Wireless Laser Mouse 6000は読み取り方式に「レーザー式」を採用しています。光学式マウスには既に普及している「赤色LED式」や最新の「青色LED式」などがあります。

以前使っていたマウス(Wireless InteliMouse Explorer 2.0)は赤色LED式だったのですが、レーザー式の方が精度が高いように感じます。例えば画面のマウスポインターを移動する時にイメージした距離とマウスの移動距離が合いやすいです。

距離が合いやすい理由はマウスの読み取り精度(センサー解像度)による違いというのもありますが、レーザー式の方が読み取り面(マウスパッドや机等)の材質を意識せずに高い認識精度を維持してくれます。

あと、雑学的な話ですが「レーザー式」は無色透明(不可視光線)です。「赤色LED式」では赤色の光(可視光線)が見えていましたがレーザー式では見えません。そのためマウス裏を見ても「動作中」かどうかわかりません。

Ssimg_0380
※動作中ですがレーザー式なので目に見えません。(ラベルは光っています)

(4)メーカー保証
購入時のレシートは保証書と一緒に大切に保管しましょう。なぜ保証書の話をするかというとマイクロソフト製マウスは「保証期間が長い(3年)」ためとても有用なのです。※3

※3: 以前のマイクロソフト製マウスは「5年保証」だったので、昔に比べて保証がグレードダウンしているのは残念です。ま、概ね 3年保証もあれば十分かと思います。

国産メーカーのマウスは 6ヶ月や1年保証だったりしますが、マイクロソフト製であれば「3年保証」なので安心期間も長いです。故障が認められれば「交換修理」で対応してくれるので、使っていたマウスが修理中つかえなくなるということもありません。

Natural Wireless Laser Mouse 6000は定価 7,980円ですが、この記事を書いている時点(9/10)の価格は割引も入って 4,880円(amazon.co.jpで確認)でした。USBマウスと比べるとずいぶん高い感じを受けるかも知れませんが「3年保証」を利用して、例えば 1年半後、3年後と交換修理をしたとすれば実質 3台分を購入したのと同じになります。

そうすると 購入金額 4,880円を 3台で割るので、1台当たり 約1,627円という計算になります。約1,600円だったら「ワイヤレスマウスは高い」というイメージもだいぶ払拭できるのではないでしょうか。

(5)気になったこと
■設置場所に注意
Natural Wireless Laser Mouse 6000と同梱されている「レシーバー」ですが設置場所によっては感度が著しく悪くなることがあります。電波受信範囲の注意点は公式ホームページにも記載があります。(下記は抜粋)

  • 金属製の机の上
  • コンピューターのケースなどの大きな金属の物体の近く

ワイヤレスマウスを購入して正常に動かないようであれば環境チェックをした方がいいですね。これは実際に経験したことですが、会社のスチールデスクの上にレシーバーを置いていたら突然マウスを認識しなくなることがありました。

この“金属問題”は「積み上げた本の上」や「木製・プラスチック製の棚の上」にレシーバーを設置することで対策できる場合があります。

■マウスの向き
Natural Wireless Laser Mouse 6000のデザインを見てもわかるように「右利きマウス」です。「左利きの左マウス」な方向きではありません。(そもそもデザインを見て候補から外れると思いますが、、、)

(6)まとめ
一般的にエルゴノミクスデザインは見た目や使い心地で好き嫌いが出やすいものです。 Natural Wireless Laser Mouse 6000を見て「これは!!」と思った方が購入した方がいいと思います。(ロジクール製マウスとの比較も記事にしたかったのですが別の機会に、、、)

あと、マウスが人間工学に基づいた“エルゴノミクス”だと言っても「肩こりや腱鞘炎が治った」とか「疲労感が違う」など効果が体にすぐ表れるものではありません。あくまで「自然体に近い姿勢」で仕事ができるだけです。“治療器”ではないので過大な期待は禁物ですね。

マウスは多種多様な製品が販売されています。よく使うインターフェースなので「ベストな一台」に出会えるかで仕事の能率も変わってきますよね。今回ご紹介した「Natural Wireless Laser Mouse 6000」は私のお気に入りの一台です。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »