« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月13日 (日)

カメラクリップシステム(CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEM)を使ってみた。

当ブログで何度か紹介している「カメラベルトホルダー b-grip」という製品があります。そそ、b-gripはカメラを腰から提げることができる製品になります。ネックストラップと違い多少アクティブに体を動かしてもカメラが胸の前でバウンドすることもありません。外での撮影の際には必ず持参するようにしているお気に入りの製品です。

b-gripのコンセプトは優れているので大きな不満はないのですが、b-gripに改善点があるとすればカメラの脱着時に両手を使うことですね。兼ねてから“ワンタッチ(片手)での脱着”ができれば完璧なのにと思っていました。

そんな中、ハンファ・ジャパンから『CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEM』が販売されました。この製品であればワンタッチでカメラを脱着できます。果たして b-gripを凌駕する製品なのかは b-gripとの比較を交えながら紹介したいと思います。

[カメラクリップシステム(CAPTURE CAMERA CLIP SYSTEM)]
http://www.umazone.jp/Page/GOODSDETAIL-372

Cccs1 Cccs2

本体サイズ・重量:約104(W)x51(H)x23(D)mm/152g、マウントプレート(ネジ部):サイズ:1/4-20UNC(インチ)長さ:約4.8mm、カメラ耐荷重:約47kgまで、製品構成:本体、マウントプレート

(1)使い勝手
カメラクリップシステムは取り付けたいベルトに挟み込むタイプなので、自分の好きなベルトに装着できます。ベルトへの取り付けは両サイドの十字ネジを使って調整します。

マウントプレートとカメラへの取り付けもカメラネジでマウントするだけです。特筆すべきはマウントプレートにストラップホールが付いているのでハンドストラップを直接つなげることが出来ます。

b-gripの場合だとハンドストラップ+マウントプレート分の厚みが出来てしまい手でカメラを下支えする時に多少の違和感/異物感がありました。その点、カメラクリップシステムはハンドストラップを付けてもスッキリしています。

カメラクリップシステムを腰ベルトに装着した時はカメラを横からスライドさせて脱着します(肩ベルトに装着した場合は上からスライド)。台座部分からマウントプレートを外すには赤い“クイックリリースボタン”を押しながら外します。(装着時は不要)

Cccs3_3 

なお、誤ってクイックリリースボタンを押してカメラが外れてしまわないように“セーフティロックネジ”が用意されています。カメラを外す必要がないときはロックしておくと安全です。

製品の大きさですがカメラクリップシステムはとてもコンパクトにできています。ベルトに付けていても違和感はありません。収納もカメラバッグの小物入れに入る大きさなので持ち運びにも便利です。b-gripと比較してみるとそのコンパクトさがよくわかります。

Cccs4_3

(2)b-gripとの比較
簡単ですがカメラクリップシステムと b-gripとの比較を表にまとめてみました。

用途 カメラクリップシステム b-grip EVO
装着場所: ◎ 腰ベルト+肩ベルト △ 肩ベルト装着には別売のトラベルキットが必要
脱着: ◎ ワンタッチ(片手)で脱着OK △ 脱着には両手を使う
ロック機構: △ ネジ式 ※1 ◎ レバー式
三脚への取付: ◎ マウントプレート裏にカメラネジ有 ◎ マウントプレートをDIN規格のクイックシューとして利用可
収納スペース: ◎ カメラバッグの小物入れ程度でOK × 望遠レンズを収納するぐらいの場所が必要
その他: ◎ ハンドストラップ取付け可 ◎ スタンド機能

※1: カメラクリップシステムで採用している「ネジ式」はマウントプレートに傷が入るため減点

(3)気になったこと
星取り表で圧倒的に優位なカメラクリップシステムも気になることが、、、

■ベルトの厚みに注意
ユニクロで買った革製ベルトは 5mmほどの厚みがあるのですがカメラクリップシステムで使うにはギリギリでした。思いの外?厚みのあるベルトには使えません。あとカメラクリップシステムの装着位置は固定になるので、例えば「移動時はカメラを腰の後ろ」に「撮影時は腰の前」にといった使い方はできません。※2

※2: b-gripのように“専用ベルト”を用意して解決する方法もありますが、ベルト分の収納スペースが必要になりコンパクトな製品のメリットが生かせません。

■望遠レンズが足や腰に当たる
コンパクトな製品ゆえにカメラ底や望遠レンズが足や腰に当たります。多少のことではカメラの方も壊れないと思いますが、衝撃がレンズやカメラのフランジ部へ負担をかけることはありそうです。その辺が心配な方はしっかりした台座がある b-gripの方をオススメします。

■ハンドストラップの紐が干渉する
マウントプレートを台座へ取り付ける際にハンドストラップの紐の厚みがジャマをして上手く接続できません。マウントプレートが薄く作られていることに起因していると思うのですが、何とかならなかったのかな?というのが素直な感想です。回避方法としてはストラップ紐を取り付けた側の反対向きに台座のスリットを合わせるのがいいです。(説明が難しい、、、)

■製品の完成度は今ひとつ
カメラクリップシステムはほとんどの部品に金属が使われているのですが、その加工技術はかなり低いです。金属断面は手を切らない程度の加工はされていますが、断面にザラつきがあったり“合わせ”がしっくりこなかったりします。カメラネジを切った時にできた削りくずのようなものがあったり「この辺は海外製品だな」と思わせる完成度です。同じコンセプトで日本製のものが出てきたら即買いですw

(4)まとめ
カメラクリップシステムと b-gripの両方を持っていますが、実際の撮影ではほとんど b-gripを持って行っています。個人的にはカメラクリップシステムの「望遠レンズが足や腰に当たる」部分がダメで b-gripを常用しています。b-gripの方がどんな場所へ持って行っても安心感がありますね。

もっとも「ワンタッチでの脱着」や「製品がコンパクト」である面は b-gripにはないメリットなので、そこに魅力を感じた方は購入しても良いかと思います。ネックストラップのようにカメラが胸の前でバウンドすることもありませんし首や肩への負担もありません。何より機動性がありながら被写体の前でサッとカメラが取り出せるのは便利ですね。

[★b-grip関連記事]

2011年11月 8日 (火)

おかげさまで一周年

この『デジモノぶろぐ』も今日(11/8)で一年になります。

ブログを始めた頃はデジタル系グッズの紹介と「日常の雑多な話題」をふんだんに盛り込んだ(楽しい)ブログにしようと思ってましたが、気付けば「購入した製品をひたすら紹介」する通販番組のようなブログになっていましたw

そもそも「圧倒的な筆無精」の自分がブログを続けられたのは、皆さまのアクセスあればこそです。本当にいつも有難うございます。(モチロン一見さんもw)

本当はもっと頻繁にブログを更新したいのですが、現状では「1週間に1記事」が精一杯ですね。毎日ブログを更新されている達人の皆さまの努力には頭が下がります。自分の場合、もっと文章作成能力を上げないとダメですね(汗)

そそ折角の機会?なのでブログを始める時の「目標」を公開したいと思います。それは「人に優しい、読みやすいブログ」にしようというものでした。私の知る業界では“コンピュータプログラムの半分は優しさで出来ている”なんて言ったりしますが、ブログは自分以外の人も読むものなので「読みやすく分かりやすい」ブログを目指して行きたいですね。

最後になりますが、いつネタ(資金?)が尽きてブログを閉じることになるか判りませんが、モチベーションの続く限りブログも続けて行こうと思います。これからもヨロシクお願いします~

# 読み返してみると相変わらずマジメだな>自分w

2011年11月 7日 (月)

SONY 新型ウォークマン NW-A867を使ってみた。(7)

前回は新型ウォークマン(NW-A867)のビデオ機能について紹介しました。今回は「まとめ」の記事になります。が、その前に前モデルでも紹介できていなかった「イコライザ(EQ)機能」について書いておきたいと思います。

Nwa86771_3
※画像は公式ページより引用 

(1)イコライザ機能
当ブログで音楽プレイヤー等の機器を紹介する場合は基本イコライザは“オフ”で試聴しています。理由は音楽プレイヤーが再生する「素の音」を聴きたいからです。その上で持っているイヤフォンの特性に合わせたイコライザ調整を行うようにしています。

新型ウォークマンにプリセットされているイコライザは以下の通りです。
・ヘビー
・ポップス
・ジャズ
・ユニーク

これに「オフ」を加えた 5種類が選べます。あとイコライザを任意に設定できる「カスタム」が 2種類登録できます。今回、試聴につかった上位機種ヘッドフォン MDR-EX1000の場合、低音に若干の物足りなさを感じる場面があるのでイコライザで低音部を補強して聴いています。

イコライザは個人の主観や嗜好性が強く表れるのでイコライザのパラメータを公開するのは恥ずかしいのですがw 以下のような感じに設定しています。(新型ウォークマン+MDR-EX1000+JPOPの組み合わせ)

Nwa867eq1

曲を聴きながらイコライザのパラメータを調整していったのですが、納得のいく設定(上)に行き着いたと思ったら実はプリセットされている「ヘビー」にBASSを一段階増やしていたものでした。(あとで気付きましたw)

この設定だとボーカル域の音像がシッカリして重厚感が増します。物足りなさを感じた低音域も「ズンドン」しない程度にグッと迫力が出る感じがします。ただ曲によってはボーカルよりドラム音が目立つケースがあり選曲によって調整が必要です※1。 なかなか万能なパラメータは見付かりませんね。

※1: 1980年代の歌謡曲は特にその傾向が強い気がします。

(2)気になったこと
新型ウォークマン(NW-A867)を購入して気づいたこと、気になったことを書いておきたいと思います。

  1. 前モデルの画面(有機ELディスプレイ)の方がキレイ
    ⇒ 新型ウォークマンではタッチパネル式の液晶ディスプレイでしたが、前モデル(NW-A857)に採用されていた有機ELディスプレイの方が画面はキレイです。音楽プレイヤーなので音が良ければ不満はないのですが消費電力の観点からも有機ELでも良かったのではないかと思います(コスト見合い?)。
  2. ロスレスはバッテリーの減りが早い
    ⇒ ロスレスオーディオはビットレートが高いぶんバッテリーの消費は激しいです。往復の通勤(一日90分)のリスニングで 3日目には充電したくなります。「いたわり充電」を設定しているので満充電時の 90%の再生時間とはいえ、もう少し再生時間の改善をお願いしたいです。
  3. HOLDスイッチで設定できるバリエーションを増やして欲しい
    ⇒ 前回までの記事でも書きましたがHOLDスイッチで割り当てられるバリエーションを増やして欲しいですね。せめて画面消灯時からの復帰を「画面タッチで可」or「HOMEキーのみ」のように選べるようにして欲しかったです。そうすればワイシャツのポケットから取り出す時に“FMラジオ”が起動したりすることはなくなると思います。
  4. ケースを閉じると液晶OFF
    ⇒ これも前回までの記事で触れましたが、新型&前モデルとも「サイドキーの操作(ボリューム/再生・停止等)」や「ケースに入れた状態」でもボタンが押されれば『画面が点灯』します。再生時間の持続や誤操作防止の意味でもケース収納時は液晶を点灯しないようなギミックを入れて欲しいと思います。(RIM社BlackBerryのように)

(3)まとめ
メーカーの新型ウォークマン発表会のLIVE中継によると、Aシリーズは「20代~30代以上の高音質こだわり層」に分類されており自分がマーケティングのターゲット層に合致していたことに驚きました。他にはAndroid搭載の Zシリーズは10代の男性、カラーバリエーション豊富な Sシリーズは 10代~20代の女性などメーカーの方で棲み分けがなされているようです。

今回の新型ウォークマンは『ウォークマン史上最高音質』を高らかに宣言して登場した訳ですが、レビュー記事でも紹介したとおり再生品質が向上しているのは間違いないようです。ただ高音質化を願う“30代の男性”としては、これからも「最高音質」を目指して開発していって欲しいと思っていますw

最後になりますが、もしこの記事を読んで「新型ウォークマン」や「史上最高音質」のことが気になった方は、ソニーストアや家電量販店に試聴機が置いてあると思いますので自分の耳で違いを感じてみるのも楽しいと思います。

[最初から読む]

[★SONYウォークマン関連記事]

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »