« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

SONY 一眼カメラ α77(SLT-A77V)を使ってみた。(4)

今回は α77記事の「まとめ」になります。その前に「新ファームウェア」と「気になったこと」も書いておきたいと思います。

Y_a77_design


(6)新ファームウェア(Ver.1.04)
先月(2011年11月29日付け)でα77用ファームウェア(v1.04)がリリースされました。内容は「自動補正対応レンズの追加」「機能改善(レスポンス/画質等)」が盛り込まれたファームウェアでした。

この v1.04ファームウェアを適応したところ「EVF⇔背面液晶の切替え遅延」や「カメラ本体のフリーズ現象」など対策の効果を感じます。あと常用しているαレンズ SAL1680Zが「自動補正対応※1」に対応したことも良かったです。

※1: 各レンズで発生する「周辺光量落ち」「倍率色収差」「歪曲収差」をデジタル的に補正

今回のファームウェア(v1.04)でも自動補正に対応していないレンズはたくさんあるので、今後も順次ファームウェアがリリースされるものと思います。

(7)気になったこと
α77を使っていて気付いたこと/気になったことを書いておきます。

  • 縦位置撮影時に背面液晶/EVFの情報が「縦画面」にならない。
    ⇒カメラを縦位置(縦位置グリップ装着を含む)にしても背面液晶/EVFの情報は縦画面になりません。α380でも縦画面表示はあったのでα77での対応を期待します。
  • 一部フリーズ現象が残る。(ただし再現しにくい)
    ⇒ファームウェア v1.04適応後からフリーズすることは格段に減りましたが、まだ完全ではないようです。引き続きの改善を期待します。
  • スティック状のマルチセレクターが痛い
    ⇒撮影に集中していると気にならないですが、撮影→プレビューを繰り返しているとマルチセレクターのスティックが固くて痛いです。滑り止めの意味でもラバーがあれば指にも優しいかと。。。
  • モードダイヤルはダイヤルロック式が良かった。
    ⇒ダイヤルは操作に不自由のない重みが付けてありますがカメラバッグに入れる時/出す時にダイヤルが回っていることがあります。ロック機構があると嬉しいですね。キヤノン製「EOS 5D Mark II」「EOS 7D」のようにロック対応に改造して貰えると嬉しいですね。
  • 縦位置グリップ側にも「ゴミ箱(削除)」ボタンがあれば良かった。
    ⇒メモリカードも大容量になっているので「撮影→確認→(不要であれば)削除」といった一連の操作は不要になりましたが、どうもクセで都度撮影した画像を削除してしまいます。縦位置グリップ側に削除ボタンがないので面倒です。

(8)まとめ
α77は現時点でソニーが販売する APS-Cクラスの最高峰モデルなので“フルサイズ”の撮像素子まで必要ない層には「買い」だと思います。ただ上述したとおりカメラ操作性に未成熟な部分もあり妥協を許さない方には不満が残る機種とも言えます。

不満点についてはおそらくメーカー側でも認識していて、新ファームウェア等で徐々に解消されていくものと思います。まだ「自動補正対応レンズ」の件もありますし、今後のファームウェアに期待しながら α77の成長を愉しんでいきたいと思いますw

[最初から読む]

[★ソニー デジタル一眼カメラ“α”関連記事]

2011年12月17日 (土)

SONY 一眼カメラ α77(SLT-A77V)を使ってみた。(3)

前回はα77のソニー純正品のオプション品を紹介しました。今回はα77に合わせて購入したカメラ備品(オプション品)を紹介したいと思います。

(5)オプション品
ソニー純正以外のカメラ備品を2点ほど紹介したいと思います。

■カメラ用スタンド(テーブルポッド)
「カメラベルトホルダー b-grip」にはスタンド機能がありますが、α77用縦位置グリップを装着状態では b-gripを使うことはありません。理由はカメラを腰から提げるには重すぎるのと、カメラを机上に置いた時に b-gripのクイックリリースプレートが小さく台座として安定しないからです。

縦位置グリップ装着時でもカメラ用スタンドが使える製品を探したところ、こちらの製品に行き着きました。

[エツミ マーティン マルチカメラグリップ DP-10]
http://www.etsumi.co.jp/catalog/search_product_info.php?cid=348&pid=1392&page=1
Dp101 Dp102_2

本体サイズ(実測値):85mm x 51mm(閉脚時) x 10mm、重量:70g、ブランド名:マーティン、商品コード:M-7364、JANコード:8809030168528

カメラネジにマウントするタイプの台座(プレート)になります。プレートにあるアームを拡げることでカメラを立てておくことが出来ます。SAL2470Z(985g)のような重量級のレンズでも何とか支えられます。安心して使うことが出来るのは SAL1680Z(445g)や SAL18250(440g)ぐらいまでのレンズですね。

あとマルチカメラグリップ DP-10にはハンドストラップがあるので持ち運びも便利です。ただ台座部分の厚み(10mm)があるのでカメラを縦位置方向に構えた場合、握りに違和感があります。あと皮の部分は少し安っぽいですが自分の好きなストラップを取り付けることも出来るのでと取りあえずは問題なしです。

私の場合、縦位置撮影はたまに構図を変える程度にしか使わないのでマルチカメラグリップの厚みは気になりませんが、手の小さい人や女性などには多少持ちにくいと思います。

ともあれ、当初の目的だったスタンド機能を手に入れることができて満足です。レンズフードやレンズが地面に触れないので安心してカメラをテーブル等に置いておけます。

Ssedsc05688
※α77とマルチカメラグリップDP-10の組み合わせ。

■UHS-I対応 SDHCメモリカード
α77は外部メディアは SDHCとメモリスティックの両対応です。メモリカード規格も「UHS-I規格」対応なので高速なメディアを選ぶことが出来ます。今回は東芝製のUHS-I対応メモリカードを購入しました。

[TOSHIBA Premiugate UHS-I SDHCメモリーカード 16GB SD-E016GUX]
http://www.toshiba.co.jp/p-media/sd/r95w80_spec_j.htm
Sde016gux_2
インターフェイス:SDインタフェース規格 UHS-I、SDスピードクラス:クラス10、UHSスピードクラス:クラス1、電源電圧:2.7~3.6V(最大)、準拠規格:SDメモリカード規格Ver.3.00準拠、外形寸法:32.0mm(L)×24.0mm(W)×2.1mm(T)、質量:約2g、温度:-25~85℃ 湿度30~80%RH(結露しないこと)

スペックは Read 95MB/s、 Write 80MB/sで Class10対応のものになります。容量は 8GB(SD-E008GUX)、16GB(SD-E016GUX)、32GB(SD-E032GUX)の 3種類あります。今回は価格見合いで 16GBを選択しました。(画像も16GBのもの)

今回購入した東芝SDHCメモリカード(SD-E016GUX)の詳細なベンチマークは割愛しますが、手元にあるSanDisk製 Class10(SDSDX3-008G-J31A ※1)とTranscend製 Class 6(TS16GSDHC6E)のメモリカードと比較してみると撮影後の書き込み速度の違いを感じることが出来ます。

※1: SanDisk Extream SDHCカード(SDSDX3-008G-J31A) -- Class10, 30MB/s

SDHCメモリカードへの書き込みで違いを感じやすいのはα77の「12連写モード」だと思います。書き込み完了までの時間が Transcend製Class 6メモリカードでは 23.7秒、SanDisk製Class10メモリカードで14.6秒かかっていたものが、東芝Premiugateでは 7.4秒ほどで完了しています。※2

※2: 書き込み完了までの時間はストップウォッチを使った簡易な測定のため結果は厳密なものではありません。α77設定:エクストラファイン(ファイルサイズ 15MB/枚 x 14枚) シャッター押下からメモリアクセスランプが消灯するまでの時間を測定。3回テストした結果の平均値。

結婚式など一度きりのシャッターチャンスばかりの場面などではメモリー書き込み完了の時間が早い方がテンポ良く撮影できますね。

★次回はα77の「まとめ」を記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★ソニー デジタル一眼カメラ“α”関連記事]

2011年12月 9日 (金)

SONY 一眼カメラ α77(SLT-A77V)を使ってみた。(2)

前回はα77の簡単な概要とスペックをご紹介しました。今回は「使い勝手」「純正アクセサリー」についてです。

(3)使い勝手
α77の使い勝手のうちα380とは違う面について説明します。

■ボディ形状
α380では細身だったグリップ部分も太くなり握りやすくなりました。ボタン配置もよく考えられており、各種ボタンの位置はすぐに覚えることが出来ました。今までメニューをたどらないと設定できなかった機能が「ボタン」で用意されている撮影シーンに応じたダイレクトな設定変更が可能です。

具体的には「フォーカスモードダイヤル(AF制御)」や「AF/MFボタン(オートフォーカスとマニュアルフォーカス切替え)」など個人的によく使う機能がボタンであるのは便利です。ボタン数の少ない iPhone等のスマートフォンとは対極の世界ですねw

■バッテリーの持ち
電子ファインダー(EVF)になっての心配はやはりバッテリーの持ちにあると思います。ソニーの公表値(CIPA規格準拠)では「ファインダー使用時:約470枚、液晶モニター使用時:約530枚」撮れることになっています。

あまり役に立たない情報ですが、友人の結婚式で150枚ぐらい撮影しましたがバッテリーは 1目盛り減るか減らないかぐらいでした。※1 こまめに電源を切るクセがあるのでバッテリーの減りも少なくて済んだのかも知れません。

※1: 撮影は主にEVFを使い、背面液晶はステータス表示、外部フラッシュ(HVL-F43AM)を使いました。

(4)純正アクセサリー
α77と同時期に発売となったオプション品のうち、実際に購入した商品を簡単に紹介したいと思います。

■縦位置グリップ

[縦位置グリップ VG-C77AM]
(公式ページ) icon

Svgc77am

大きさ:約 幅139×高さ125×奥行87mm(バッテリー室挿入部含む)、質量:335g (電池含まず)

製品の主な特徴
・縦位置撮影可能
・バッテリーパック(NP-FM500H) x 2個 装着可能

それほど縦位置グリップの必要性は感じていなかったのですが、一度は使って見たい気持ちもあり購入しました。(レンズキット購入予定だった予算を流用)

当たり前の話ですが縦位置グリップを使うと縦位置方向の撮影が安定しますね。特に撮影時に脇が開かないところが良いです。またグリップ部分にバッテリーを 2個入れることができるので長時間の撮影にも向いています。

弱点としては「重い」「大きい」ことですね。縦位置グリップの重さはバッテリー x2個分という仕様なので仕方がないですが、大きさはもう少しコンパクトにならなかったのかな?という感じです。

接点部分が飛び出しているので収納にも邪魔ですね。縦位置グリップを常時装備しているわけではないので、α77本体と縦位置グリップを分けて収納する時のことも考えて欲しかったです。“飛び出し部分”がなくなればスッキリしていいと思うのですが、きっと製品強度の問題があるのでしょう、、、

■フラッシュ

[フラッシュ HVL-F43AM]
(公式ページ) icon

Shvlf43am

電源:単三乾電池(アルカリ/ニッケル水素) x4本、外形寸法:約75x129x87mm、質量:約 340g(電池除く)、防塵・防滴設計

製品の主な特徴
・ガイドナンバー43
・クイックシフトバウンス -- フラッシュ発光部を横位置から縦位置へ切り替え可能
・防塵・防滴対応
・ワイヤレスフラッシュ機能
・キャッチライトシートを内蔵

人生初フラッシュ購入ですw 今まで内蔵フラッシュでの撮影しかしたことがなかったのですが、α77購入を機にフラッシュも同時に導入しました。

兼ねてから「バウンス撮影」がしてみたくてフラッシュ購入のタイミングを伺っていました。実際にフラッシュを使って見ると、内蔵フラッシュの直接的な光とは違い被写体へ光がまわり込むのでより自然な感じで撮影できますね。人物撮影の機会はほとんどありませんがキャッチライトシートを使った効果も面白いです。(目がキラキラw)

あとHVL-F43AMは「ワイヤレス機能」を備えているのでカメラから離れた場所でフラッシュをたくことが出来ます。α77本体のフラッシュと同調するので被写体の前+横の 2点フラッシュもできますね。

外付けフラッシュがこんなに楽しいとは、、、もっと早く買っておけば良かったw

★次回はα77購入時に揃えた「オプション品(ソニー純正以外)」の紹介を記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★ソニー デジタル一眼カメラ“α”関連記事]

2011年12月 1日 (木)

SONY 一眼カメラ α77(SLT-A77V)を使ってみた。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、2011年10月18日にソニー製一眼カメラ α77が発売されました。

[SONY α77 SLT-A77VQ/SLT-A77V] ※1
(公式ページ)
icon

Sslta77vq_3 Sslta77v_rear_3

<製品仕様>
レンズマウント:ソニーAマウント、撮像素子:APS-Cサイズ(23.5x15.6mm) 原色フィルター付"Exmor"APS HD CMOSセンサー、カメラ有効画素数:約2430万画素、ISO感度:静止画撮影時:ISO100-16000(1/3EVステップ,拡張ISO50) AUTO(ISO100-12800,上限/下限 設定可) 動画撮影時:ISO100-1600相当(1/3EVステップ)、AUTO(ISO100-1600相当)、記録媒体:メモリースティック PRO デュオ メモリースティック PRO-HG デュオ SDメモリーカード SDHCメモリーカード(UHS-I 対応) SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)

質量(バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む):約732g、質量(本体のみ):約653g、外形寸法:約142.6×104.0×80.9 mm(幅x高さx奥行き)
※1: 上の画像ではカメラ本体+レンズキットの「SLT-A77VQ」になっていますが、今回 手に入れたα77はボディのみの「SLT-A77V」になります。ご了承ください。

あらかじめお断りをしておくと、2011年7月末に起こったタイの大洪水の影響で 2011年12月1日現在も一部のソニー製品が品薄or販売停止中の状態です。今回紹介するα77も代替工場で生産開始のニュースはありますが再販時期のメドは立っていません。

私のα77は初回出荷分だったので何とか手元に届きましたが、現在も入荷待ちの状態でα77の到着を心待ちにしている方もいらっしゃると思います。若葉マーク(カメラ歴 3年目)の私ですが使用感など製品の“雰囲気”をお伝えできたらと思います。

なお、毎度の事ながら開梱レポートや詳細レビューはありません。α77の簡単な紹介と使用感をメインに書きたいと思います。

レビューの前に「前提条件」を提示しておきますね。(何との比較になるか明確にするため)

レビュー対象  α77 (SLT-A77V) v1.04
比較対象  α380 (DSLR-A380L)
使用レンズ  SAL1680Z, SAL35F18, SAL18250
カメラ歴  3年目
被写体を前にシャッタースピードと絞り値を即決できないレベル (^^;

(1)デザイン・大きさ
α77を見た時にまず感じるのは大きさの違いですね。今まで使っていたα380はソニーαシリーズの中でも小柄な方ですが、α77とα380を持ち比べてみるとα77の方が一回りから一回り半ぐらいボディが大きい印象です。

中級機らしくα380ではメニューをたどって設定しなければならなかった機能がハードキー(ボタン)で構成されています※2。カメラ上面に「表示パネル(液晶)」があり、ISO情報やバッテリー残量などのステータスを確認することができます。ただ同等のインフォメーションが EVFや背面液晶にも表示できるため正直あまり使って/使えていませんね。

※2: フォーカスモードダイヤル/ホワイトバランス等のボタン

ボディデザインは既存のカメラユーザへの配慮からか無難なデザインとなっています。α77にはペンタプリズムがないので「サイバーショット DSC-F828」のような奇抜なデザインも狙えたと思いますが今回は自重したものと思われます。

Sdscf828
DSC-F828

重量はボディのみで約653g(バッテリー、メモリーカード除く)で、同条件のα380(約490g)と比べればスマートフォン 1台分ぐらい重いです。ただボディ形状、グリップ形状の良さからか重さを感じにくいです。またキットレンズ(SAL1650)や常用レンズ(SAL1680Z等)を装着してみるとボディ側とレンズ側の重量バランスが取れている感じがします。

(2)スペック
今さらですが α77のスペックを簡単に紹介したいと思います。
まずは製品の特徴から

・約2,340万画素のCMOSセンサー
・トランスルーセントミラー・テクノロジー
・有機ELファインダー
・約12コマ/秒の連写機能

α77はソニーの一眼カメラのラインナップ内では「中級機」の位置づけです。今まではα700が中級機のポジションにいましたが、α700はずいぶん前に discontinued(販売終了)していたので長らく不在だった中級機のポジションが復活しました。

■有効画素数 約2,340万画素
画素数はAPS-Cクラスとして最大の約2,340万画素です。実用面も含めてオーバースペックな画素数との見方もありますが、遅かれ早かれ他社もこの画素数に追随してくると思われ、ソニーとしては他社より先制しておきたかったのではないでしょうか。

α77で撮影した画像(6000x4000px:24M)をディスプレイにドットバイドット(dot by dot)で表示する場合や民生用プリンタ(A4サイズ)への印刷では折角の画素数が有効に利用されない感じを受けると思います。ただiPadやノートPCなどで縮小画像を表示させた場合でも被写体の細部まで情報を保持したα77の画像の方が緻密な感じがします。

■透過ミラー
他の一眼カメラと大きく違うのは α55/α33から採用された「トランスルーセントミラー・テクノロジー」ではないでしょうか。

「トランスルーセントミラー・テクノロジー」の詳しい説明はメーカーの商品説明ページに譲りますが、「素早いAF」や「シャッター時の動作ショックの軽減」などα77で写真を撮った瞬間にわかりますね。

A77_tmt_01

動作ショックは NEX-5やNEX-7のようなミラーレス機に比べれば動作時のショックは感じますが、α380のように「パタン!!パタン!!」といった感じはありません。

■電子ファインダー(EVF)
α77のファインダーはハンディカム(カムコーダ)と同じように電子ファインダー(EVF)です。ペンタプリズムを使った光学式ファインダー(OVF)ではないので、ファインダーをのぞいた時に違和感を感じます。

もっとも電子ファインダーの違和感は瞬間的なものですぐに慣れることが出来ました。むしろ明るい広くファインダー像や多くの情報(設定情報やデジタル水準器等)を接眼したまま得ることが出来るのは魅力です。

■連写機能
他社の中級機と比較しても高速な約12コマ/秒の連写撮影が可能です。その分?ネット上で連写機能の短い撮影時間(約1秒間)などマイナス面の情報を目にします。ソニー的には連写性能云々よりも「シャッターラグを軽減(改善)して行ったら約12コマ/秒 撮れるようになった」というものではないかと想像します。

私の場合、風景を撮ることがメインなので連写機能も使用頻度は低いですね。野鳥などを撮るようになったら威力を発揮すると思われます。

★次回はα77の「使い勝手」などを記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★ソニー デジタル一眼カメラ“α”関連記事]

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »