« ソニー 電子書籍リーダー「Reader(PRS-T1)」をレンタルしてみた。 | トップページ | b-grip専用ハンドストラップ(b-grip Hand Strap)を使ってみた。 »

2012年4月21日 (土)

ソニー 電子書籍リーダー「Reader(PRS-T1)」をレンタルしてみた。(2)

前回はソニー Readerの「レンタルの流れ」を記事にしました。今回はReader(PRS-T1)を触った感想などを書いておきます。貸出機という性質上、一週間と短い期間でのレビューとなりますがご了承ください。

(2)外観・仕様
■大きさ・重さ
PRS-T1の重さは約168gとスマートフォンと変わらない重さですが、手にとって見ると仕様より軽く感じます。サイズは「幅110×高さ173.3×奥行9.6mm」という大きさで“新書判”に近い大きさだそうです。Readerを通勤時にも持ち歩いていたのですがスーツの上着の内ポケットにギリギリ入る大きさでした。

Prst122_2
※画像は公式ページより引用

■電池の持ち
電子書籍リーダーとしてソニー Readerや Amazon Kindleを選びたくなるのは「電池持ち」が良い部分ですね。公称値では「1回の充電で 5週間※1」のスタミナ性能があるようです。話半分だとしても 2~3週間は無充電で使えそうです。

※1: ワイヤレスオフ時。テキストベースのXMDFドキュメントを約1分/1ページで1日約30分間読書した場合

■カラー
貸出機ではカラーは選べませんでしたが、新品購入時は本体色を三色(ブラック/ホワイト/レッド)から選べます。欲を言えば携帯電話(フィーチャーフォン)のように 8色や10色ぐらいから選べると人気が出るかも?

Prst121
※画像は公式ページより引用

■その他
ソニー Readerは Amazon Kindleをお手本に作ったのか?大きさ、重さとも「第四世代 Kindle」とほぼ同じスペックです。両者の違いはソニー Reader(PRS-T1)には「メモリカード(microSD)」「音楽再生」があることですね。

レンタル機「PRS-T1」は 6型/WiFiモデルでしたが、同じボディで 3G回線+WiFi機能を持った「PRS-G1」や 5型で通信機能ナシの「PRS-350」というモデルがラインナップされています。(2012年4月現在)

(3)使い勝手
内蔵メモリは 2GBですが、上述した通り PRS-T1は microSDカード(32GB)で容量の拡張が可能です。かなりの読書家でも容量的に困らないと思います。

やはり特筆すべきは「電池の持ちの良さ」「目の負担が少ない」ことです。繰り返しになりますが、電子ペーパーを採用していることでバッテリーの持ちは非常にいいです。今回は一週間というレンタル期限内にバッテリー切れを見ることはありませんでした。今後 Readerを購入したとすれば逆に充電するのを忘れてしまいそうですw

ディスプレイの視野角も広くほぼ真横からのぞき込んでも色むらなどはありません。画面にちらつきもないので長時間見ていても疲労感はほとんどありません。

自炊した電子書籍(PDF/EPUB)を読むに当たって便利だった機能は「余白調整」が出来ることですね。具体的には Readerの画面はグレースケール(白黒)なので拡大縮小された画像はあまり綺麗ではありません。むしろ拡大縮小させないで済むように自炊データを変換(最適化)しておくことが必要です。ただ最適化したデータも余白部分にバラつきがあるのでReaderの「余白調整」の機能が役に立つというわけです。

また電子ペーパーは「背景(画像)+文字」のような凝った本も苦手ですが、逆に文字だけの小説や文庫本は紙面に近い感覚で読むことが出来ます。

(4)気になったこと
レンタル期間の短い間ですが気になったことを書いておきますね。

  • 周辺(部屋)の明るさが変わると見やすさも変わってしまう
    ⇒ 電子ペーパー(Eインク)は液晶と違って自発光しないので外光(太陽光/蛍光灯)などの明かりが必要です。寝っ転がって読んでいると寝返りの際に明るさが変わって読みやすさも変わってしまいますね。

    明るさの対策として「ライト付きカバー」が販売されているので利用するのも手です。
    [ライト付きブックカバー PRSA-CL20]
    (公式ページ) icon

    Sprsacl20
  • 画面スクロールに弱い
    ⇒ これも電子ペーパーの特性なので仕方がないですが、画面をスクロールさせると色濃度ごとに複数回画面を書き換えているのが良くわかります。Apple iPadや Androidタブレットの快適なスクロールを期待しているとガッカリするかも知れません。
  • 大型本は向かない?
    ⇒ 上記の“スクロール”と関係がありますが、適切な文字サイズに調整すると 1画面に入りきらない(画面スクロールが必要な)大型本の読書には向かないと思われます。画面の書き変わりが遅くイライラするかも知れません。
  • ストラップホールがない
    ⇒「片手読み」や「落下防止」の意味でもストラップホールがあれば良かったですね。故スティーブ・ジョブズだったら嫌がるかも知れませんがソニーは問題ないかとw

その他の希望では左右ボタンの長押しで「ページの先頭」へジャンプ出来たり 「10ページ単位のスキップ」「ページスキップ用ダイアログの表示」等の設定があれば良かったですね。

(5)まとめ
年内には黒船(Amazon Kindle)が日本にやってくるという話はありますが、国内で安心して購入できることや日本語でのサポートの面で「ソニー Reader」は“アリ”だと思います。前回の記事でも書きましたが、レンタルサービスを利用してみて Readerの便利さを実感するとともに“欲しい”と思わせるものがありました。

この先、電子書籍が普及するのは必然だと思いますが、電子書籍の動向を見ていると昔の「Apple iPodの登場」を思い出します。iPodの登場によって既存のカセットテープやCD/MDが一斉に iPodに塗り替えられたのは記憶に新しいと思います。同じように電子書籍が普及する時も一斉に新しい媒体(紙面→電子デバイス)へ変わってしまうのでしょう。

電子書籍の覇権を握るのはどの端末になるのかは不明ですが、幸い?電子書籍リーダー(Reader/Kindle)は 1~2万円程度と比較的に手に入れやすい価格で販売されていますし、流行になる前に“下見”がてら購入して使ってみるのも面白いと思います。また、この記事を書く発端となった「Readerレンタルサービス」を利用するのも良いと思います。電子書籍の便利さは使ってみないと判らないんですよね。ホント(笑)

[最初から読む]

[★電子書籍/自炊関連記事]

« ソニー 電子書籍リーダー「Reader(PRS-T1)」をレンタルしてみた。 | トップページ | b-grip専用ハンドストラップ(b-grip Hand Strap)を使ってみた。 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/54460340

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー 電子書籍リーダー「Reader(PRS-T1)」をレンタルしてみた。(2):

« ソニー 電子書籍リーダー「Reader(PRS-T1)」をレンタルしてみた。 | トップページ | b-grip専用ハンドストラップ(b-grip Hand Strap)を使ってみた。 »