« b-grip専用ハンドストラップ(b-grip Hand Strap)を使ってみた。 | トップページ | 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SLを使ってみた。 »

2012年5月13日 (日)

b-grip専用の三脚アダプターとNewトラベルキットを使ってみた。

前回は新しく発売された「b-grip専用ハンドストラップ」を紹介しました。今回も引き続き b-grip専用のオプション品「三脚アダプター」と「Newトラベルキット」を紹介したいと思います。

(2)三脚アダプター
当ブログでは b-gripで三脚を使う手段として「マンフロット 323チェンジプレート」を紹介して来ましたが、パラゴンジャパンさんから“b-grip専用の三脚アダプター”が販売されました。

[b-grip Tripod Adapter]
http://www.paragonjapan.jp/b-grip/parts.html#adapter

Tripodadapter3
<製品仕様>
本体寸法:長さ 約70mm 幅 約58mm 高さ 約15mm、本体質量:約41g、カラー:ブラック、材料:ガラス繊維混合テクノポリマー樹脂、ステンレス

■使用感
b-grip Tripod Adapterは底に三脚用ネジ穴が開いて既製品の三脚を取り付ける事が出来ます。言わずもがな b-gripとの相性は良いです。今までこの手の純正品?がなかったのが不思議なくらいです。

■マンフロット 323チェンジプレートとの違い
b-grip Tripod Adapterを使うメリットは「価格」と「重さ」ですね。この後の比較表を見ていただければ一目瞭然ですが、本体価格はマンフロット 323チェンジプレートより b-grip Tripod Adapterの方が安いですし、持ち運びに影響する「重さ」もb-grip Tripod Adapterの方が軽いです。

- b-grip Tripod Adapter 323チェンジプレート
大きさ ※1※2 49x72x15mm 51x74x24mm
重さ ※1 33g 102g (台座部分のみ)
実勢価格 ※3 1,980円 3,070円
備考 b-grip専用 DIN規格のクイックシュー
レバーロック機構付き
※1: 実測値 (簡易測定のため厳密性はありません)
※2: 突起部分は含まず
※3: Amazon.co.jpでの価格(2012/5/13現在)

重さの違いは主に323チェンジプレート本体が金属製であることですね。b-grip Tripod Adapterはプラスチック製なので軽量ですが強度面では 323チェンジプレートに分があります。ま、ハードな現場でもない限り通常利用では b-grip Tripod Adapterで問題ないと思います。

■気になったこと

  • b-grip Tripod Adapterにはレバーを固定する機構がない
    ⇒ b-grip Tripod Adapterに b-grip(カメラ)を載せる際に両手を駆使しなければなりません。例えば右手でカメラを持って、左手でb-grip Tripod Adapterのレバーを開放と片手操作となってしまいます。一般的な?クイックシュー(323も含む)だとレバーを固定/開放する機構があるので三脚に設置する時に両手でカメラを持っていられるので安心感があるんですよね。
  • 323クイックシューとの互換性
    ⇒ 323クイックシュー(プレート)は b-grip Tripod Adapterでは使えません。プレートの大きさが違います。もしこれから b-gripを購入される方でマンフロット製へのこだわりがなければ b-grip Tripod Adapterを買っておけば良いと思います。

■余談
b-grip製品を取り扱っているパラゴンジャパンさんの紹介ページでは自由雲台を使って b-grip Tripod Adapterと 323チェンジプレートを組み合わせた使い方の画像があります。これって余程のマンフロット好きじゃないとこういう使い方はしないような気が。。。(笑)

Tripodadapter2
b-grip Tripod Adapterと 323チェンジプレートを組み合わせ例w
画像は公式ページより引用

(3)Newトラベルキット
以前にも「b-grip用トラベルキット」を紹介したことがありましたが、早速リニューアルしたものが発売されています。

[New b-grip Travel Kit]
http://www.paragonjapan.jp/b-grip/travelkit.html

Newtravelkit1_3

<製品仕様>
本体質量:41g (付属品全て含む)、カラー:ブラック、内容品:アダプター コネクター カメラ保護カバー、材料:ラバー ガラス繊維混合テクノポリマー樹脂 ナイロン

■新旧トラベルキットの違い
ほぼ新旧のトラベルキットの内容物に違いはないのですが、ただ一点だけ“New”になって「ショルダーストラップアダプター」の素材が変更になりました。

具体的には旧モデルのトラベルキットでは布で出来たゴムバンドのような素材でしたが、新モデルは完全なゴム体になりました。素材の変更がどういった違いを生むかというとザックやバックパックに取り付けた際の「カメラの横揺れ」が押さえられます。

Newtravelkit2_2 上側: 旧トラベルキット
下側: Newトラベルキット

お断りしておくと Newトラベルキットを購入したものの実地テスト(山登り)はしていません。代わりに室内でザックにNewトラベルキット+カメラを装着した状態で体を左右に振ってみたところ横揺れがマシになった様な気がしました。

実際に Newトラベルキットを使う機会があればこの記事に追記したいと思います。なお過去記事にトラベルキットの装着方法や注意点などを書いています。使い勝手の面で新旧に違いはないので良ければご覧ください。(こちら)

(4)まとめ
今回紹介した製品(ハンドストラップ、三脚アダプター、Newトラベルキット)は日本代理店のパラゴンジャパンさんのページで確認できます。本家サイト“bgrip.com”のサイトではまだ紹介されていないようです。(日本先行販売?)

さらに躍進を続けるb-gripワールドですが、これからもユーザに便利な製品を開発・提供していって欲しいものですね。ほぼ不満点はなくなりましたが、あとはカメラをワンタッチで装着できる b-gripが出来れば最高なのですがw

[最初から読む]

[★b-grip関連記事]

« b-grip専用ハンドストラップ(b-grip Hand Strap)を使ってみた。 | トップページ | 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SLを使ってみた。 »

デジカメ・カメラ用品」カテゴリの記事

コメント

初めまして、b-gripの一連の投稿を拝見しました。とてもわかりやすく解説されていて購入前の助けになりました。
ありがとうございました。

一点だけ気になったことがありました。
余談と書かれた箇所で『b-grip Tripod Adapterと 323チェンジプレートを組み合わせた使い方の画像があります』とありますが、このクイックシューは200PL-14というDIN規格より小さいものだと思います。

今後もブログ拝見させていただきます。
ありがとうございました。

坂本幸一さま

> 余談と書かれた箇所で『b-grip Tripod Adapterと 323チェンジプレートを組み合わせた使い方の画像があります』とありますが、このクイックシューは200PL-14というDIN規格より小さいものだと思います。

ご指摘ありがとうございます。
正確には『b-grip Tripod Adapterと 200PL-14の組合せ』ですね。b-gripは 323チェンジプレートと直接接続できるのに、わざわざ「200PL-14 + Tripod Adapter」を挟むのか理由を思い付かなかったので「ネタ」にさせて貰いました。

あと、各種クイックシューと b-gripの接続は経験則に基づいたもので、恥ずかしながら DIN規格の詳細も良く分かっておりません。。。(ぉ

他にも気になった点があればご指摘ください。よろしくお願い致します~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/54702727

この記事へのトラックバック一覧です: b-grip専用の三脚アダプターとNewトラベルキットを使ってみた。:

« b-grip専用ハンドストラップ(b-grip Hand Strap)を使ってみた。 | トップページ | 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SLを使ってみた。 »