« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月24日 (月)

ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (3)

iBasso HDP-R10を販売しているヒビノインターサウンド社から、9/13付で「iBasso Audio“HDP-R10”納期遅延に関するお詫びとお願い」というアナウンスがありました。

予約販売していた頃から「HDP-R10は高価な製品なので、そうそう品切れはないだろう」と思ってましたが、人気の高さと歩留まりの多いパーツ群が品切れを生んだのでしょう。

今回の記事は HDP-R10の「音質」についてですが、この記事がまだ HDP-R10を手に入れていない方や興味はあるけど様子見の方の参考になれば幸いです。

(3)音質
直前まで使っていた音楽プレーヤーはウォークマン「NW-A867」になります。果たして HDP-R10の高音質技術(※1)がどの程度のモノなのか、NW-A867との比較を交えてレビューしたいと思います。

※1: 32Bit-DAC 「SABRE32 Reference audio DAC ES9018」や高速オペアンプ「OPA627」+高速バッファ「BUF634」の採用など。

<レビュー対象>
 iBasso Audio HDP-R10 + MDR-EX1000
  • [再生フォーマット]
    FLAC (16bit/44.1kHz)
    WAV (16bit/44.1kHz, 24bit/192kHz) ※2
  • [音楽設定]
    「EQ:オフ」「DF(フィルター):Slow Roll-off」「SRC(アップサンプリング):オフ」
<比較対象>
 NW-A867 + MDR-EX1000
  • [再生フォーマット]
    ATRAC Advanced Lossless
    WAV (16bit/44.1kHz) ※2
  • [音楽設定]
    「EQ:オフ」「DSEE(高音域補完):オフ」「VPT(サラウンド):オフ」「クリアステレオ:オン」

いつものように使用曲はリスニングする機会の多い J-POPやクラシック(オーケストラ)を聴いた時の感想になります。ヘッドフォンは「ソニー MDR-EX1000」を使用しました。あと、HDP-R10は 40時間ぐらい再生(経過)した状態です。(⇒ ちなみに HDP-R10は購入後に数時間のバーンインは必須です)

Hdpr1031_2ハイレゾ再生での比較を行うために「Net Audio Vol.07」に収録されている国府弘子さん演奏の WAV音源を使用しました。

「Net Audio Vol.07」には「国府弘子スペシャルトリオPIT INN LIVE」で演奏された曲をサンプリングレートを変えて三種類(16bit/44.1kHz, 24bit/96kHz, 24bit/192kHz)収録されており、オーディオ機器の聴き比べにオススメです。(※2)

余談ですが、「国府弘子スペシャルトリオ」にはコナミのゲームでお馴染みの TAPPYさんがドラマーとして参加されていました。こんなところで名前をお見かけするとはw プレーヤー(奏者)としてもご活躍されているとは流石です。

■高音域
オーディオCD(16bit/44.1kHz)の再生では NW-A867と違いはほとんど解りませんね。どちらも自分の耳で感じる高音域の限界まで鳴っています。音色的には HDP-R10の方がやや硬質な感じがします。あと楽器のパートや音の一音一音が分離しており、音も良く動いています。

ハイレゾ(24bit/192kHz)再生では、演奏者の息づかいや収録現場の雰囲気などもより伝わって来ます。HDP-R10は高サンプリング(ハイレゾ)の再生が主体だと思います。本来、ハイレゾは人間の可聴範囲(※3) を超えるオーバークオリティな収録のハズですが HDP-R10を通して再生するとハイレゾ音源の魅力が良くわかります。

※3: 人間の可聴範囲はおよそ 20Hz~20kHz。サンプリング周波数が 44.1kHzであれば可聴範囲は 22.05kHzまで表現可能。(参考URL: AV Watch)

■中音域
ボーカルに明るさやパワー感がありますね。常にドライブが掛かっている感じがします。歌手の声量が HDP-R10の音量とマッチして、厚みのある音をタップリ聴くことが出来ます。また、メリハリのある音なのでブラス(金管楽器)の「バリバリ」した音は聴いていて愉しいです。

ちなみに再生環境の悪い電車の中でも、音がシッカリしているので音量を下げてもボーカルがモゴモゴとつぶやいている感じはありません。一方、NW-A867の場合、電車などでは中音域が騒音に埋もれてしまう所がありますね。

■低音域
NW-A867 + MDR-EX1000の組み合わせでは EQを掛けないと物足りなく感じていた低音域(特に外出時)が、HDP-R10では EQオフでも普通に聴くことが出来ます。HDP-R10で普通に聴くことが出来る理由はヘッドフォン/イヤフォンの性能をフルに使い切っているためと思われます。

例えば、iPhone4に付属のイヤフォンであっても、HDP-R10と繋げてみると「アレ?再生領域が広がった?」と思うことがありました。今まで「このイヤフォンの再生限界はこの辺り」と自分の中で思い込んでいた部分があり、いい意味で裏切られました。

音に安定感があり、深い低音でも音が潰れたりせず、「腰が据わっている」という表現がピッタリくる低音です。

■まとめ
HDP-R10はデジタルオーディオらしい「キリッ」とした音です。上述したとおり、音に安定感があり、厚みのある音がタップリ愉しめます。ポータブルオーディオでこれだけ再生できれば満足でしょう。

ただし、HDP-R10の音がすべて良く聞こえるかと言えば答えは「ノー」です。HDP-R10の性能やパフォーマンスは非常に高いのですが、「いい」と感じる官能性能?の面ではオーディオCDが作成された環境や収録状況によって評価も変わってきます。

例えば、オーディオCD収録(16bit/44.1kHz)のモノの中には「聴き応えの悪くなった」ものがあります。具体的には HDP-R10で再生させると「淡泊」に感じたり、「解像度に物足りなさ」を感じてしまいます。そして、その原因はオーディオCDの情報量不足にあると思われます。

HDP-R10で従来のオーディオCD収録のものを聴く価値が無いわけではありませんが、「HDP-R10がすべてを満たしてくれるプレーヤーではない」ということはお伝えしておきたいです。(蛇足になりますが、イメージ的には「ビデオ端子のビデオデッキやゲーム機を最新のフルHD対応テレビに繋いでも美しいとは思わない」理由と同じです)

★次回は HDP-R10の「再生機能」を記事にする予定です。

[続きを読む]

[★ヘッドフォン/イヤフォン関連記事]

2012年9月17日 (月)

ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (2)

前回、HDP-R10の記事を掲載したところ、当ブログ内の週別アクセス数で 1, 2位になるほどのアクセスがありました。HDP-R10への関心の高さが窺えます。ちなみに検索ワードで多かったのが『HDP-R10+充電』の組み合わせでした。

記事の中で「充電」というキーワードが入っていただけで充電に特化した内容ではありませんでした。予定とは違いますが、期待に応えて?HDP-R10の充電環境について補足しておきます。あと、今回のメインテーマである「対応フォーマット」について書いておきます。

■充電環境
前回の記事の中で触れたように HDP-R10は「USB充電」には対応していません。充電専用の端子が用意されており、付属の充電器を使って充電します。充電にかかる時間はメーカーの公表値では「約8時間」となっています。

HDP-R10の元となった iBasso DX100の頃から比べれば充電器も小型になっていて、少しは?持ち運びする気になります。それでも広く普及している「USB充電」への思いは捨てきれずw ネット上を調べてみると市販の「USB給電ケーブル」を使うことで充電している方を見掛けました。

ここからは「自己責任の範囲」での情報になりますが、市販の「USB給電ケーブル」を使って HDP-R10を充電してみました※1

※1: 上述の通り、「USB給電ケーブル(SSOP-USB02)」の着想はインターネット上から得た情報を元に検証した記事です。

[PLANEX 無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ「MZK-MF300N」「FFP-PKR01」専用 USB給電ケーブル SSOP-USB02]
http://www.planex.co.jp/news/release/2010/20100903_ssop-usb02.shtml
Simgssopusb02

この「USB給電ケーブル」を使えば、パソコンの USB端子はモチロンのこと、市販のモバイル電源からの充電が出来ます。試しに 5,400mAhの「モバイル電源(パナソニック製 QE-QL201)」を使って HDP-R10を充電したところ約4時間かけて80%まで充電することが出来ました。

HDP-R10は高サンプリングの音楽ファイルを再生させているとバッテリー消費も激しいので、モバイル電源が使えると外出時も安心です。(⇒ ただし、メーカー推奨の方法ではないので HDP-R10が壊れても責任は取れませんw)

(2)対応フォーマット
HDP-R10の魅力のひとつに多くの音楽フォーマットに対応している事があります。ただ「音楽フォーマット」が iPodやウォークマン(NW-A867)等のメジャーな音楽プレーヤーと比較して、どの程度 互換性があるのか分かり辛かったので表にまとめてみました。あと、既存の音楽プレーヤーと HDP-R10の環境を混在する場合の注意点を書いておきます。

■対応フォーマット一覧
Hdpr10format1_4

対応フォーマット一覧は見たままなので具体的な説明は割愛しますが、表を見る上での前提条件(注意点)があります。

「対応フォーマット一覧」の前提条件 (注意点)
  1. [対応フォーマット]
    HDP-R10、iPod touch、ウォークマン(NW-A867)の各公式ページに載っている対応フォーマットを抽出して一覧にしています。
  2. [対象機種]
    iPod touchは「第4世代」、ウォークマンは「NW-A867」の情報を元に作成しています。
  3. [ウォークマンの WAV再生] (※2)
    ウォークマンの公式ページには「WAV対応」とは書かれておらず、代わりに「リニアPCM」となっています。厳密には「WAV」と「リニアPCM」とは意味が異なり、同一に扱うのは問題があるのですが、ウォークマン(NW-A867)でも WAVファイルを再生できることから、表内では WAVも再生可能としてあります。
  4. [HDP-R10の HE-AAC再生] (※3)
    HDP-R10の仕様では「HE-AAC」の再生は含まれていません。実験的に iTunesで HE-AACファイルを作成して HDP-R10へ転送したところ再生できました。
  5. [再生可能周波数]
    各音楽プレーヤーおよび音楽ファイルの再生可能周波数に関しては割愛させて頂きます。(表が複雑になるので、、、)
  6. [免責事項]
    HDP-R10の対応フォーマットに含まれていても再生できない音楽ファイルがあります。また、すべての音楽フォーマットを各プレーヤーで再生した訳ではありません。

■HDP-R10と各音楽プレーヤーとの併用
iPodやウォークマンとの「併用」や「移行」を考えている方向けに気づいた点を書いておきます。

<iPodと併用の場合>
iPod等の Apple製 音楽プレーヤーは HDP-R10と一番相性のいい組合せです。多くの音楽フォーマットが合致しているので iTunesで構築したデータはそのまま HDP-R10へ持って行くことが出来ます。

一般的な?AACのみならず、ALAC(Appleロスレス)にも対応しているので“再変換”などの手間も掛かりません。強いて難点を言うなら、iTunesでHDP-R10を「同期」できないことでしょうか。あと iTunesはアルバムアートを音楽ファイルに取り込む形式と別フォルダで管理する形式があるようです。別フォルダで管理している場合、HDP-R10側でアルバムアートが表示されない可能性があります。(未確認)

<ウォークマンと併用の場合>
AAL(ATRAC Advanced Lossless)はウォークマンが正式に対応するロスレスフォーマットの訳ですが、HDP-R10では対応していません。というかソニー独自の ATRAC系のフォーマットは全滅です。

なので割り切って「AAL (x-アプリ)」と「FLAC (MediaMonkeyや foobar2000等)」で 2つの環境を維持するのがいいかも知れません。HDD容量やCDリッピングの作業は倍かかりますが、音質を維持するためには必要かも知れません。

互換性重視であれば、「WAV」という選択肢もありますが、IDタグやアルバムアートを諦めなければなりません。他には「非可逆圧縮フォーマット(MP3やAAC等)」に統一すれば共存も可能です。ただし折角の高音質プレーヤーがモッタイナイことになりますね。

<iPod + ウォークマン + HDP-R10併用の場合>
HDP-R10およびウォークマン(NW-A867)とiPod touchの共通フォーマットは「WAV」「AAC」「MP3」の 3つです。この中で CDオーディオの可逆(ロスレス)に対応しているのは「WAV」のみです。上述したとおり WAVはIDタグやアルバムアートに対応していませんし、無圧縮のため音楽プレーヤー側にも充分な容量が必要です。

上記の表の前提条件から逸れてしまいますが、FLACで環境構築するという方法もあります。iPod touch/iPhoneやウォークマン Zシリーズは追加アプリで「FLAC」を追加可能です。ただし iPod nano/shuffle/classicや ウォークマン Aシリーズ/Sシリーズなどの音楽プレーヤーは対応フォーマットが固定されているため問題を回避できません。

ウォークマンの項で書いたように「重複環境」を視野に入れて構築した方がいいかも知れません。重複環境の構築で面倒な「CDリッピング」は、CDイメージ(cue + img)を作成しておいて、それぞれの音楽プレーヤー用に再度“CD取り込み”を行う等が便利です。(ただし、この方法は大容量 HDDが必要です)

★次回は HDP-R10の「音質」について記事にする予定です。

[続きを読む]

[★ヘッドフォン/イヤフォン関連記事]

2012年9月 9日 (日)

ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。

以前、ポータブルアンプ「Fiio E7」の記事の中で「iPhoneと Fiio E7の組み合わせでは iPhoneの操作性を損ねてしまう」旨のことを書いたことがあります。ポータブルアンプの「厚みのある音」には魅力を感じるものの、操作性や利便性と背反してしまうことがあり悩みの種でした。

以降、漠然と「ポータブルアンプに音楽再生機能があればいいのになぁ~」と思っていたところ、ヒビノインターサウンド社から『iBasso HDP-R10』というポータブルアンプをベースにした音楽プレーヤーが発売されました。

調べてみるといろいろ欠点?のようなものもあるようですが、百聞は一見にしかずということで HDP-R10を購入してみることにしました。

[iBasso Audio HDP-R10]
http://www.hibino-intersound.co.jp/information/3088.html

Shdpr1012_3
※画像は公式ページより引用

<製品仕様>
寸法:W71.8×H27.5×D118mm、質量:260g

HDP-R10のことをご存じない方に簡単に説明しておくと、HDP-R10は業務用音楽機材メーカーとして有名なヒビノインターサウンド社と、ポータブルオーディオアンプの制作に優れた技術力を持った iBasso Audio社とが共同で開発した音楽プレーヤーです。

製品の最大の特徴は、高級オーディオ機に採用されるハイエンドな「DAコンバータ」や「オペアンプ」等を惜しげも無くポータブル機に搭載していることにあります。もし、この製品にキャッチフレーズを付けるなら『音を最優先に作られた音楽プレーヤー』と呼べると思います。“音を最優先”という部分はいろいろな意味を含んでいるのですが、少しずつ記事の中で紹介して行こうと思います。

さて、肝心の音ですが、HDP-R10から再生される音は iPodやウォークマンとも一線を画しています。HDP-R10の音は「中身の詰まった音」「芯のある音」で聴いていて安定感があります。(音質についても別途記事にします)

高音質の HDP-R10も実勢価格で約8万円となかなか手の出しづらい価格帯となっています。もし「HDP-R10には興味はあるけど様子見」している方など、当ブログの記事が何かの参考になれば幸いです。

(1)仕様
■大きさ・重さ
本体サイズは 71.8x27.5x18mmで重さは 260gです。HDP-R10の仕様が公開された時から大柄な本体サイズについては覚悟を決めていましたが、箱から出してみると想像していたより大きく、覚悟が足りなかったことを思い知りましたw

大きさの目安では「スマートフォン 2台重ねた大きさ」とほぼ同じです。少し古いハードとの比較では「初代ゲームボーイ(DMG-01)※1」と良い勝負です。仕様を見比べて見ると HDP-R10の方が初代ゲームボーイより一回り小さいですねw

※1: 初代ゲームボーイ (DMG-01) -- 幅90mm x 奥行き32mm x 高さ148mm 重さ:220g

重さも「スマートフォン 2台分 (約260g)」あります。持ち運びできない大きさ・重さではありませんが、iPodやウォークマンと比較すると「重量級」であることは間違いありません。

ま、HDP-R10を選ぶような層は「高音質のためならポータブルオーディオアンプを 二段~三段重ねても苦にならない」という様なオーディオマニアの方だと思うので、HDP-R10の大きさや重さがすべてダメという訳でもないと思います。

あと本体を構成する材料にマグネシウム合金やアルミが使われており、ヤミクモに本体が重くなった訳ではないようです。メーカーの「少しでも軽量化したい」という意思は窺えますw

■入出力端子
HDP-R10に装備されている端子は豊富にありますが、オーディオ出力の端子が多く、入力(端子)はありません。

<オーディオ系端子>

ヘッドホン出力 標準フォーンジャックx1、3.5mmステレオミニジャックx1
デジタル出力 3.5mmミニジャック(オプティカルx1、コアキシャルx1)
ライン出力 3.5mmステレオミニジャックx1

アメリカでは一般的な?デジタル端子の「コアキシャル(同軸)」まで搭載されています。残念なのは入力系の端子がないので、HDP-R10を他の音楽プレイヤーのアンプとして利用することは出来ません。

ヘッドフォン端子は「標準ジャック」と「ステレオミニジャック」の両対応です。自宅ではオーバーヘッド(ヘッドバンド)式の標準ジャックを使い、外出時はステレオミニジャックのカナル型イヤフォンを使い分けるといったことが出来ます。

Shdpr1011面白かったのが、音楽再生してみると「標準ジャック」「ステレオミニジャック」の両ジャックから音楽が聞こえて来ました※2。 用途として、二人で一緒に音楽を聴きたい場合やイヤフォンの聴き比べなどに利用できますねw

オーディオ系の端子以外では、HDP-R10は USB端子も備えています。USB端子はパソコンと音楽データをやり取り(コピー)する目的に使います。その為、パソコンと接続して「USB DAC」としての機能もありません。さらに残念なのが USBバスパワーを使った「USB充電」にも対応していないので出先のバッテリー切れには対策が必要です。(⇒ HDP-R10の「USB充電」に関する記事はこちら)

※2: 他の端子(オプティカル等)では排他制御が働くのかも知れません。(未調査)

■本体の熱
HDP-R10の元となった iBasso DX100の頃から指摘されていた「本体の熱」ですが、確かに胸ポケットなどに入れていると熱いです。実際にどのぐらいまで温度があるのか測定してみました。測定といっても簡易なもので「赤外線放射温度計」で各部の表面温度チェックしただけですが、、、

<室温 約28℃の環境で測定>

再生中(本体裏): 33-36℃
充電中(本体裏): 35-40℃

やはり充電中が一番温度が高いようです。音楽再生も CDオーディオ(16bit/44.1kHz)をそのまま再生するより情報量の多い音楽データ(例えば 24bit/192kHz)や「アップサンプリング機能(SRC)」を使った方が温度が上昇する傾向にありました。

体感的な部分の話では、夏場にHDP-R10を胸ポケットに入れているとカイロを忍ばせている気分がしました。あと人肌と近い温度なので満員電車で隣の人と触れている温度と近いでしょうか?そう思うと熱い感じがしますねw

■実は Android OS搭載
ウォークマン(NW-Z1000)と同じく、HDP-R10も Android OSが搭載されています。バージョンは 2.3.1と一昔前?のバージョンが採用されています。

Androidを採用したことで様々な音楽フォーマットに対応できた点は HDP-R10の美点です。ただし一般的なスマートフォンや NW-Z1000と比較すると Androidの動作はモッサリしていています。その為、ブラウザやメールなどの機能は潔く?諦めて、HDP-R10は「音楽プレーヤー」として接した方がいいと思います。

★次回は iBasso HDP-R10の「音質」か「対応フォーマット」について記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★ヘッドフォン/イヤフォン関連記事]

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »