« ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (5) | トップページ | ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (7) »

2012年10月22日 (月)

ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (6)

(8)アクセサリー
今回は iBasso HDP-R10で使えるアクセサリー(オプション品)についてです。HDP-R10対応アクセサリーはそれほど多くないので一挙に紹介したいと思います。

[HDP-R10用シリコンケース -- HC-R10B]
http://www.hibino-intersound.co.jp/information/3100.html

Shdpr1062

専用のシリコンケースです。大きさも専用品だけあってピッタリしています。シリコンの素材も肌触りは良いです。シリコンケースでありがちなベタベタする感じはなくサラサラしています。あと、ホコリも巻き込みにくいですね。シリコンケースの重さは約32gで、シリコンの厚みは約1.5-1.8mmでした。(どちらも実測値)

シリコンケースを装着していてもボタン操作やプラグ類にも支障はありません。注意点としてはシリコンケースを付けると「リセット」が塞がってしまうぐらいで、機能的に大きな問題はないと思います。

HDP-R10本体のヘアライン仕上げは美しいものの、HDP-R10を傷を付けずに大切に扱いたい人にシリコンケースは必要ですね。

[HDP-R10用液晶保護フィルム -- HF-R10]
http://www.hibino-intersound.co.jp/information/3100.html

Shdpr1061

液晶保護フィルムも専用のものが販売されています。フィルムはいわゆる「光沢タイプ」です。購入時にまったく気にしていなかったのですが、液晶保護フィルムは「2枚セット」です。

2枚セットなので、液晶保護フィルムを貼るのが下手な人でもリトライ可能ですw あと、メーカーの製品説明によると「防指紋加工」がしてあるそうです。さすがに指紋が付かないという訳ではありませんが、指紋や皮脂はクリーナークロスなどで簡単に落とすことが出来ますね。

指の滑り具合も程よい感じだと思います。特に引っかかる感じもありませんし、滑りすぎて操作に困ることもありません。

気になったのが、光沢タイプのためか?晴天下では画面に光が反射して見づらくなることがありました。HDP-R10を「液晶保護フィルム無」の状態で使ったことがないので比較は出来ませんが、少し気になりました。

HDP-R10は売れているといっても iPodやウォークマンの市場規模と比較すれば微々たるものでしょう。その為、関連のアクセサリーがサードパーティから販売される事は難しいと思われ、メーカー(ヒビノ)から販売されたことに意義はありますね。

[携帯音楽プレイヤー用マウントベース iBasso Audio“Nrmb”]
http://www.hibino-intersound.co.jp/information/3202.html

Shdpr1063_4

音楽プレーヤーを設置する台ですね。HDP-R10専用というわけではなく、他の音楽プレーヤーを載せても良いようです。ちなみに発売日は 2012/11/16なので、この記事を書いている時点では発売前です。

この製品、HDP-R10の元となった iBasso DX100の頃からラインナップされているもので、安定した音を出す必要条件のひとつ「振動」を考慮した製品です。その為、重さは 2kgほどある模様です。画像のとおり異様に存在感がある製品ですw

楽天市場で価格を調べてみたところ「約4万円」とかなりの高額な製品です。「日本の職人によるハンドメイドのヘアライン仕上げ」や「アルミニウム合金のモノブロック」等が価格をつり上げている要因と思われます。

それにしても、iBassoがマウントベースを作るぐらい音にこだわっているのであれば、HDP-R10のボタン操作時のノイズ等の問題もシッカリ対策して欲しいですね。

[SANDISK フラッシュカード SDSDQUA-064G-U46A]

Shdpr10641

HDP-R10は外部メモリースロットとして「microSD」が使えます。microSDには音楽ファイルや画像ファイル他を収納できる外部ストレージとして利用可能です。メーカーの仕様では microSDHC対応の 32GBまで容量拡張が可能です。FLAC等のロスレス系フォーマットや WAVファイルは 1曲あたりの容量も大きいので、外部ストレージが使えるのは良いですね。

メーカーの保証範囲外の話になりますが、64GBの microSDも使えますね。場合によってはフォーマットに工夫(exFAT→FAT32)がいるようです。あと、正確な検証は行っていませんが、HDP-R10に microSDを差しっぱなしにしているとバッテリー消費が激しい時があります。いずれ検証を行い、このページで報告したいと思います。

繰り返しになりますが、HDP-R10は「SDXC(64GB)」には対応していないのでデータが破損する可能性があります。安全性重視の方は「SDHC(32GB)」を選ぶことをオススメします。

★次回は iBasso HDP-R10の「気になったこと」を記事にしたいと思います。

[続きを読む]

[★ヘッドフォン/イヤフォン関連記事]

« ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (5) | トップページ | ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (7) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/55944325

この記事へのトラックバック一覧です: ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (6):

« ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (5) | トップページ | ポータブル・ミュージックプレイヤー iBasso Audio HDP-R10を使ってみた。 (7) »