« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

Windowsタブレット「Lenovo Miix 2 8」を使ってみた。 (2)

前回は Lenovo Miix 2 8の概要や使い勝手をレビューしました。今回は microSDを HDD化する方法を紹介したいと思います。

(3)microSDの HDD化
Miix 2 8のストレージは内蔵ドライブ 64GB(or32GB)と、microSDドライブとがあります。内蔵ドライブの空き容量はお世辞にも潤沢とは言えないので、写真や動画などのデータは必然的に microSD上に置くことになると思います。

ただし、一部のアプリケーションでは microSD上にインストールできない仕様のものがあります。そこで OS標準の仮想ドライブ技術を使って、microSDを「HDD化」というか、ローカルディスク化する方法を紹介いたします。

■導入手順

  1. [コントロールパネル]-[管理ツール]-[コンピュータの管理]を起動
    他にはチャームから[検索]-[“コンピュータの管理”と入力]でも起動できます。
  2. [記憶域]-[ディスクの管理]から、microSDのドライブ項目を右クリック(長押しタップ)。メニューが出てくるので[フォーマット]を選択し、NTFSでフォーマット
  3. [コンピュータの管理]のメニューから[操作]-[VHDの作成]を選択
    Miix211a
  4. 保存場所を聞いてくるので[参照]で microSDのドライブを指定
    ⇒ ファイル名に適当な名前を付ける。(例では d-drive.vhd)
    Miix221
    ※例では 32GBの microSDを使っています。

    ・Dドライブに割り当てる容量を指定 (最大容量の約8-9割が目安)
    ・ディスク容量の確保方法を選択
    ⇒「容量固定(推奨)」を選択。
    ※可変ディスクも選択できますが、パフォーマンス低下の恐れがあります。
  5. 仮想ディスクを初期化
    パーティションスタイルは MBR, GPTどちらを選択しても OK。
    Miix26

    未割り当て(黒)を右クリックしてメニューから[新しいシンプルボリューム]を選択
    Miix282

    ウィザードが開始される。
    ・ボリューム サイズを指定
    ・ドライブ文字の割り当て
    Miix211_2
    ⇒ 後ほどDドライブに割り当てたいので“割り当てない”を選択

    ・パーティションのフォーマット
    Miix212
    ファイルシステム: NTFS
    アロケーションユニットサイズ:規定値
    ボリュームラベル:ボリューム(お好みで)
    クイックフォーマットを選択しても問題ない(ハズ)
  6. ドライブ文字の変更
    変更したいドライブ(ボリューム)で右クリック
    microSDが Dドライブを使っているので、別のドライブレターへ (例ではRドライブ)
    仮想ドライブを Dドライブへマウント
    Miix2141
  7. 仮想ドライブの確認
    「コンピュータ」を開くとドライブ一覧に作成した『Dドライブ』が表示されていると思います。
    Miix2181a
とりあえず、ここまでで microSDの HDD化の作業は完了です。

■起動時にマウント
上記の設定のままだと、仮想ドライブ(VHD)は OS再起動などでマウントが外れてしまいます。起動時に自動でマウントする方法も書いておきます。

  1. テキストエディタで 2つのファイルを作成します。
    attach-vdisk.txt (例ではCドライブ直下に作成)
    select vdisk file="R:\d-drive.vhd"
    attach vdisk
    automount.bat
    diskpart -s C:\attach-vdisk.txt
  2. 上で用意した automount.batを「スタートメニュー」へ登録
    [スタートアップ]フォルダ配下へ automount.batのショートカットを作成。
    他には「タスクスケジューラ」に投入するなど、起動時にバッチファイルが読み込めればOK

※1, 2の手順をミックスした「VHDマウントツール」を作成しました。
 良ければこちらの記事も参照ください。 (2015/03/31追記)

■microSDカードの取り外し
仮想ドライブを使う際に注意点があります。
仮想ドライブ使用中に microSDカードを取り出すことは出来ません。メディアを取り出したい場合は「アンマウント」が必要です。

方法は[コンピュータの管理]から仮想ドライブを選択 (左側の容量や“オンライン”と書かれた部分を右クリック)。「VHDの切断」でアンマウントできます。あとは、通常の microSDを取り外すときと同じ要領で「外部機器の取り外し」をすればいいです。

以上の手順が面倒であれば、Windowsをシャットダウンしてから microSDを取り外すのが楽ですねw

■仮想ドライブのパフォーマンス
read/write性能は若干ダウン
⇒ 仮想ドライブでディスクベンチを取ったところ、通常の microSDドライブに対し 5%~10%程度の性能ダウンを確認しています。ま、使用感はそれほど変わりませんが、、、(^^;

■仮想ドライブ・まとめ
“microSDの HDD化”といえば「Hitachi Microdrive」が有名?ですが、Windows 8搭載の Miix 2 8では若干手順が異なるようです。今回は追加ドライバー無しで手軽に導入できる VHDを紹介しましたが、「Hitachi Microdrive」の設定に興味がある方はこちらのサイトがオススメです。

※記事を作成するにあたり、以下のサイトを参考にさせて頂きました。
http://cloud.watch.impress.co.jp/epw/docs/series/2008r2lab/20090703_294170.html
http://jinblog.at.webry.info/200911/article_29.html

★次回は Miix 2 8に併せて購入した周辺機器を紹介したいと思います。

[続きを読む]

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »