« おかげさまで四周年 | トップページ | SONY ウォークマン NW-A16を使ってみた。 (2) »

2014年12月31日 (水)

SONY ウォークマン NW-A16を使ってみた。

久しぶりにウォークマン(2014年モデル)を購入しました。ウォークマンのレビューは2011年発売の NW-A867以来です。この3年間でどのような進化を遂げたのか、レビューの中でお伝えしたいと思います。

[SONY ウォークマン NW-A10シリーズ]
http://www.sony.jp/walkman/products/NW-A10_series/

Nwa1010
<製品仕様>
■再生:音楽、ビデオ、写真、FMラジオ、ポッドキャスト ■対応フォーマット:MP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/リニアPCM(WAV)/AAC/HE-AAC/FLAC/Apple Lossless/AIFF ■音質機能:デジタルアンプ S-Master HX、ノイズキャンセリング機能、DSEE HX/クリアステレオ/クリアベース/イコライザ/VPTアコースティックエンジン/ダイナミックノーマライザ/クリアフェーズ/ハイレゾ音源対応/クリアオーディオプラス ■寸法・質量:最大外形寸法: 約44.4x約109.1x約9.1mm 外形寸法:約43.6x約109x約8.7mm 充電池含む:約66g

2014年版ウォークマン(NW-A10シリーズ)は、メモリ容量によって「NW-A17 (64GB)」と「NW-A16 (32GB)」の2つのモデルがあります。両機種の違いはメモリ容量だけなので、機能的な差はありません。購入時は「持ち運びたい曲数」や「価格」などで選べば良いと思います。この辺はスマートフォン選びと変わりありませんね。

今回のウォークマンの特徴は2つあります。
まず、特徴のひとつは『ハイレゾ音源』に対応したことですね。今まではハイレゾ機は高価で、オーディオ好きの嗜好品なところがありました。NW-A10シリーズが登場したことでグッと低価格になりました。また、オーディオ専門店でしか購入できなかったハイレゾ機が、一般的な家電量販店で購入できるようになったのもポイントかも知れません。

Nwa1012_3
特徴のもう一つは『microSD対応』です。ウォークマンは(一部を除いて)外付けメモリの採用に消極的でしたが、NW-A10シリーズでついに対応しました。microSD (SDHC/SDXC)で容量を上乗せできるので、安価な 32GBモデルを購入して初期出費を抑えることが出来ます。今後 メモリが足りなくなったら、より大容量の microSDへ移行すればOKです。私も今回は 32GBモデルの NW-A16を購入しました。

Nwa1013
ちなみに最新のNW-A10シリーズはタッチパネルではありません。2011年発売のウォークマン NW-A860シリーズはタッチパネル液晶でしたが、2010年発売の NW-A850シリーズのようにハードキー操作に戻りました。

(1)大きさ・重さ・デザイン
本体サイズは 約43.6×約109×約8.7 mmと小型でやや縦方向へ長いです。ワイシャツのポケットに難なく収まりますが、ポケットのデザインによってはイヤホンのジャック部分が頭を出すかも知れません。

重さは約66gと軽量なので、スマートフォン(携帯)+ウォークマンの組み合わせで持ち歩いても、それほど苦にならないと思います。

操作ボタンは“ダイヤ”の形をしたシャープなデザインです。旧モデルは丸みのある柔和なデザインでしたが、一転エッジの効いたデザインになりました。ボタンは特に押しにくいこともなく、適度なクリック感があります。 

端子系統も旧モデルのものと継承しており、パソコンやオーディオとの接続には専用のWM-PORTを使います。本体に「WM-PORT専用 USBケーブル」が一本同梱しています。

(2)音質
Nwa1014イコライザや音響効果をオフにした状態だと、過去のウォークマンとほぼ同じ感じで鳴っています。旧モデルと聞き比べてみると、若干 音の密度が上がっている感じがします。ウォークマンはロスレス音源でもザラツキ(パサパサ感?)がありましたが、それが緩和されている感じがします。ZX-1でも採用されているコンデンサ「POSCAP」のお陰かも知れません。

※詳しい音質のレビューは次回の記事で紹介いたします。

(3)仕様・その他
■「いたわり充電」が出来るようになった
些細なことかも知れませんが、NW-A10では「いたわり充電」が出来るようになりました。バッテリーをあえて満充電にしないことで、バッテリー寿命を延ばせます。再生時間は短くなってしまいますが、長期間使用したい人には朗報ではないかと (学生さんとか)

■長時間スリープの復帰後に前回再生曲が選択されるようになった(?)
旧モデルを持っている人でないと、何のことを言っているか判らない思いますw
以前のモデル(NW-A860)では、長時間スリープから復帰すると「索引の1曲目」が選択されていました。この謎仕様が NW-A10では改善されており、前回再生曲を選んだ状態になっています。

★次回はウォークマン NW-A10の「音質」について記事にしたいと思います。

[続きを読む]

« おかげさまで四周年 | トップページ | SONY ウォークマン NW-A16を使ってみた。 (2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567849/60899728

この記事へのトラックバック一覧です: SONY ウォークマン NW-A16を使ってみた。:

« おかげさまで四周年 | トップページ | SONY ウォークマン NW-A16を使ってみた。 (2) »